テレビアンテナ工事はどこがおすすめ?業者選びで失敗しないために

アンテナのお悩み対策

黒板の前に立つスタッフ

こんにちは!
みんなのアンテナ工事屋さんの田村です!

「テレビアンテナを新しく取り付けたいけれど、どこに頼めばいいんだろう?」
「アンテナ工事についてネットで調べても、難しい専門用語ばかりでよくわからない…」

このようなお悩みを抱えてはいませんか?

アンテナ工事の仕事をしていると、
「アンテナ工事をお願いしたくてネットで調べたけれど、あまりに業者が多くて迷ってしまった…」
というお客さまがとても多いです。

確かに一般の方ですと、テレビアンテナの交換をする機会がそもそもありません。
ある日とつぜんテレビが故障して、右往左往してしまう気持ち、よくわかります。

この記事を読んでいる方の中には、アンテナ工事業者を選ぼうとはしたものの
「業者によって、ホームページに書いてある金額がぜんぜん違う…」
「本当におすすめの業者はどこなの!?」
と戸惑った方もいるのではないでしょうか。

アンテナ設置にかかる費用は決して安くありません。
これから先の長い期間、快適にテレビを視聴するためにもきちんと納得した業者にお願いしたいですよね。

そんなあなたにこそ、ぜひこの記事を読んでいただきたいです!

この記事ではとくに以下の3つについて書いていきます。

  • アンテナ工事業者を選ぶポイント
  • アンテナ工事にかかる費用
  • アンテナ工事の流れ

あなたがこの記事を読んだあと、テレビアンテナに関する「わからない」をなくし納得して業者を選んでアンテナ工事をしていただけたら嬉しいです!
それではまいります!

※とにかく早くテレビアンテナを工事したい!という方はコチラへ。
最短30分で駆けつけ、ピッタリのアンテナを設置いたします!

画像

よいアンテナ工事業者を選ぶために、まずお伝えしたいこと

業者選び

さっそくあなたの1番のお悩みである、
「おすすめのテレビアンテナ工事業者はどこか」
について紹介したいと思うのですが…その前に!

あなたはそもそも、アンテナ工事を行っている会社がどんなところなのかご存知でしょうか?

実はアンテナ工事は、電器屋さん以外にもハウスメーカーや家電量販店など…さまざまな会社が行っているんです。

ここで私が「ズバリ、この会社がおすすめ!」と書いてもいいんですが…。
私はこの記事を読んでくださっているあなたに対して、以下の2つのことを考えています。

  • さまざまな業者を比較検討して、納得したうえで選んでほしい。
  • 悔いのないアンテナ工事をしてほしい。

というわけで、アンテナ工事をしてくれる業者を5つあげ、それぞれに対して公平な目線でメリット・デメリットを書いていきたいと思います。
これからご紹介する内容を、あなたが業者を選ぶ際の判断材料にくわえていただけたら、とてもうれしいです。

▼この記事の下で、もっともオススメする業者とその理由を書いています!
お急ぎの方は先にコチラを確認してくださいね!(この記事の下にスクロールします)

そもそもアンテナ設置工事はどこがしてくれるの?

アンテナ工事をしてくれる業者5つ

アンテナ設置工事をしてくれる主な業者は以下の5つです。

  • ハウスメーカー(工務店)
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • 個人経営の電器屋さん
  • ネットのアンテナ工事専門業者

それぞれ比較していきますね。

アンテナ工事業者を比較

5つの業者について表にまとめたのでご覧ください。

メリットデメリット
ハウスメーカー(工務店)・新築の場合、家を建ててもらうときそのまま頼める
・住宅ローンに組み込める場合がある
仲介手数料がかかるので費用が割高になる
・専門知識をもたない外注の作業員が担当する場合がある
家電量販店、ホームセンター大手なので安心できる
・そのお店で買ったアンテナを設置してくれる
仲介手数料がかかるので料金が割高になる
・専門知識をもたない外注の作業員が担当する場合がある
・夏、冬はエアコン設置の繁忙期で断られるorかなり待たされる場合がある
個人経営の電器屋さんその地域に昔からあるので、安心できる
・その地域の電波状況や不動産情報を知りつくしている
・高齢者が多く、高所での作業を断られる場合がある
・電波の計測機器など古い機械を使っている場合がある
ネットのアンテナ工事専門業者仲介手数料がかからない
・アンテナについての専門知識、配線工事の資格を持っている
ネットからの申込みに不安に感じる
聞いたことのない会社名なので不安に感じる

ここで注目してほしいのが、仲介手数料の有無です。
アンテナ専門業者以外の大手メーカーは、工事自体を外部の業者に発注することがほとんどだと思われます。

外注業者を仲介するため、コミュニケーションの不備や情報の行き違いなどが生まれてしまうおそれもあります。

ひどい対応ですね…。
もしこのような対応をされたら、早い段階で断ったほうがいいです!

「それじゃあ、どこに依頼したらいいの?」と思う方もいると思います。
そこで次のトピックでは、1番オススメの業者を紹介します!

おすすめはネットのアンテナ工事専門業者!

ネットのアンテナ工事業者

ここまでの内容をふまえて断言すると、テレビアンテナ工事を頼むならアンテナ専門業者が安心です。

大きな理由は以下の2つです。

  • 他の業者だとかかってしまう仲介手数料が発生しないため、工事費が抑えられる
  • 電波の知識や経験をもつテレビアンテナの専門家が工事してくれる

安さと技術力、両方をいいとこどりできるのがネットのアンテナ専門業者なんです。

もちろん他の業者であってもお店ごとにサービス内容が違いますので、一口に「これが正しい」とは言えません。
また、ネットで顔の見えない相手に工事を依頼することに不安を感じる方もいらっしゃると思います。

ですのでそのような不安をなくすためにも、次のトピックではよい業者を選ぶためのポイントをご紹介したいと思います!

業者を選ぶときに気をつけたほうがいいポイント3つ

先ほど「アンテナ工事を依頼するならネットのアンテナ工事専門業者がおすすめ!」と書きましたが、これはネットの業者なら何でもいいというわけではありません。
実際にネット上で業者を検索してみると、たくさんのサイトが出てくると思います。

「うわ〜こんなにあるのか…どうやって選べばいいの?」
と思う方も多いはず。
たくさんあるサイトの中から「これだ!」という業者を選ぶのはとても大変ですよね…。

少しでもあなたの手間をなくすために、業者選びで気をつけたほうがいい"3つのポイント"をご紹介します!

それがこちら↓

  • いくつかの業者を比較する
  • 電話で問い合わせて見積もりをとる
  • 見積もり無料の業者に依頼する

それぞれ詳しく説明していきますね。

いくつかの業者を比較する

理由:工事費の相場や、優位性がわかる
このポイントが一番重要になっています!

1つのホームページを見ただけでは、その業者が本当に信頼できるのか、工事費が相場の範囲内なのかわかりませんよね。

いくつかの業者を比較することで、自分に合った業者はどこなのか判断できると思います。

このように複数の業者に問い合わせて比較することを「相見積もり(あいみつ)」といい、引っ越し業界などでは当たり前に行われています。

続いて問い合わせで注意してほしいポイントを紹介します。

電話で問い合わせて見積もりをとる

理由:問い合わせることで、正確な見積もり額やサービス内容がわかる

ホームページを見たあとは、できれば電話かメールで直接問い合わせて、疑問点を聞いてみるのが、不安を消す1番の方法です。

アンテナ工事業者の中には、ホームページに書かれている工事費と、実際の工事費がまったく違う…なんて業者もあるんです。

見積もり無料の業者に依頼する

理由:本当に納得した業者に依頼するため
きちんとした業者なら、現地調査や見積もりを無料でやってくれます!
※現地調査をしてもらったっり、契約書をかわしてしまうと、キャンセル料がかかる場合がありますので注意してください。

アンテナ工事業者の中には、「電話でお話を聞いただけでは、見積もりを出すことはできません。現地調査に伺ったうえで、調査をさせてください。この調査には、出張費がかかります」などという業者もあるのですが、業者選びのために見積もりをお願いしているのに、ここでお金をとられるのは本末転倒ですよね。

よりよい業者を選ぶためにも、できるだけ多くの業者に無料見積もりを依頼し、正確な工事費を確認してみてください。
納得がいかなければ、その時点でキャンセルすればいいのです。

もちろん私たち「みんなのアンテナ工事屋さん」も、お客さまに正確な金額をお伝えするために、無料の電波測定とお見積もりを行っています。
お気軽にご相談くださいね。

画像

とはいえ「ひとつひとつのサイトを隅々まで見て、電話やメールで問い合わせをして比べるなんて、気が遠くなりそう…。」という方もいると思います。
相見積もりができれば1番いいのかもしれませんが、使える時間は限られていますよね。

ということで、ホームページを見ただけで、優良業者を判別できる方法をご紹介します!

業者サイトのここを見よ!優良業者に共通するポイント3つ

卓上に置かれたノートPC、コップ、植物

「ホームページを見ただけで、優良業者がわかるって本当?」
私の経験上、以下の3つが当てはまっている業者がおすすめです。

  • 問い合わせ〜施工が最短1日
  • 追加料金なし
  • 5年以上のアフター保証がついている

それぞれ詳しくご説明しますね。

問い合わせ〜施工が最短1日

お問い合わせから間を空けず、すぐに駆けつけてくれる業者はとてもおすすめです!

対応が速いということは、作業員スタッフの方が優秀で、工事に慣れているということ。
とくに365日対応の業者は、あなたのスケジュールに合わせて来てくれるので、融通が効きやすいですよね。

たとえば以下のような状況の方は、スピード重視の業者に依頼したほうがいいでしょう。
「新居にアンテナがなくて、テレビが視聴できない…」
「引っ越しまで時間がない!早く工事をお願いしたい」
「仕事の都合で、立ち会いできる時間帯が限られている…」

だいたいの業者が工事時間を半日以内に設定していると思いますが、ベテランの作業員の場合、工事内容によっては30分〜2時間程度で作業を終えることも可能です。
ホームページ上に時間に関する記載があるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

続いて、見積もりのポイントについて。

追加費用なし

「見積もりの額面は安かったのに、いざ契約したら、倍の工事費を請求されてびっくりした。その場で押し切られて、断れなかった…」
「工事のあと、説明もなしによくわからない費用を追加された…」

アンテナ工事の体験談を調べてみると、残念ながらこのような書き込みが多く見受けられます。

その点、ホームページに「追加費用なし」と書かれている業者なら、見積もり額と請求額が大きく違うということはないはずですし、いざとなったらその記載を盾に抗議をすることもできます。

悪徳業者に引っかからないためにも、追加費用のない業者を探してみてくださいね。

5年以上のアフター保証が付いている

アンテナを設置したあとでトラブルがあっても、アフター保証があれば安心です。

他の業者にアンテナ設置を頼んだお客さまで、「スタッフの工事がずさんで、保証がなかったため対応してくれなかった…。」という声をいただいたことがあります。
そのまま当社に調整のご依頼をいただきました。
花柄の便箋に書かれた手紙
※掲載許可をいただいています。

このようなこともあるので、しっかり保証つきの業者を選びましょう!
保証期間は業者によってまちまちですが、最低でも5年以上の期間を設定している業者をおすすめします。

業者再度も、何度も何度も再修理のために訪問したい…とは決して思っていないはず。
長期保証を設定しているということは、それだけ実力に自信があるということですので、技術面でも期待できます。

「自分で選べって言われても、時間をかけて比較するのはめんどうだな〜。」
「手っ取り早くアンテナ設置頼みたいな…。」
という方は、ぜひ私たちみんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください!

画像

お客さまの中には、
「明日夜に見たいテレビがあるから、それまでにアンテナを設置してほしい!」
という方もいると思います。

そんなご要望にお答えするためにも、最短30分で駆けつけ、その日のうちに工事いたします!
もちろん、追加費用は一切なし。8年間のアフター保証もついています。

もし、電話やメールでお見積もりしてみて「高いな…。」と感じたら、その後のキャンセルも無料です。
ぜひ安心してお問い合わせくださいね。

0120-769-164

アンテナ工事にかかる費用はどれぐらい?

アンテナ設置にかかる費用
ここまで、業者選びのポイントをご紹介してきました。

そのあと気になるとしたら、きっと「アンテナ設置にかかる費用」ではないでしょうか?

アンテナ工事に限らず、何事も「できれば節約したい!」と考えていると思います。

とはいえ、テレビは日々の生活に欠かせないもの。
中途半端な工事は頼みたくないですよね…。

ここでは、あなたの希望に合ったアンテナ設置の費用と、アンテナの特徴についてご説明していきます。

【テレビアンテナの種類別】設置工事にかかる費用相場

あなたの希望ごとのアンテナ設置費用と、アンテナの特徴についてまとめました。

あなたの希望アンテナの特徴料金
地デジだけ見たい!
とにかく安く抑えたい!
八木式アンテナ
一般的なアンテナ。魚の骨のような形。
八木式アンテナ
約15,000円〜
地デジだけ見たい!
でも新築に合うようにおしゃれなアンテナをつけたい!
デザインアンテナ
シンプルな形が多い。外観にこだわりたい人向け。
デザインアンテナ
約20,000円〜
BS/CS(4K8K対応)を見たい!BS/CSアンテナ
丸いお皿のような形。
BSCSアンテナ
2K:約15,000円〜
4K8K:30,000円〜
地デジもBSCS(4K8K対応)も見たい!八木式orデザインアンテナ+BSCSアンテナ
2つ設置する。混合器が必要。
地デジ・BSCSアンテナ
約30,000円〜

まず、地上デジタル放送を見るためのアンテナについて。

八木式アンテナとデザインアンテナでは、デザインアンテナのほうが本体代が高いので割高になっていますが、スタイリッシュでおしゃれなので新築を建てる方に人気です!

デザインアンテナの場合、屋根の上でなく外壁にも取り付けられるので、軒下に設置したときに台風や雨の影響を受けにくいのも人気のポイントになっています!

〇〇円〜という表記にしている理由

「なんで”15000円〜”っていう書き方なの?」
「業者によって、ホームページに書かれた工事費が違うのが気になる…」
「工事を依頼したあとで、色々と請求されるんじゃ…」

アンテナ工事業者のホームページを見ると、工事費に幅をもたせているところが多いと思います。

これはなぜかというと、お客さまの住んでいる地域の電波状況や配線状況により、必要な機器が変わってくるためです。

私たちは電波の強い地域を「強電界」、弱い地域を「弱電界」というのですが、たとえば弱電界にお住まいのお客さまの場合、普通の工事では電波が足りず、テレビにノイズが入ることがあります。
そのようなときは、アンテナが受信する電波を増幅する装置「ブースター」をご提案するのですが、このブースターにも色々あり、見たい番組によって種類や金額が変わってきます。

工事費の内訳を明確にするには、くわしい状況を伺ったうえでの見積もりが必要です。
そのため先ほどから「お見積りをしましょう!」とお伝えしているわけなんです。

当社ではしっかり現地調査を行い、あなたの状況に合わせた丁寧なアンテナ設置工事を行います!
ひとまず「電話・メールで相談してみたい!」という方はこちら。

☎:0120-769-164(24時間365日対応)

✉:お問い合わせフォーム

↑クリックでお問い合わせフォームに飛びます。

電波状況の測定からでもお力になりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

テレビアンテナ/ケーブルテレビ/光回線、1番おトクなのはどれ?

テレビを視聴する方法は、大きくわけて3つあります。

テレビアンテナを設置して見る方法と、ケーブルテレビを契約する方法、そして光回線のテレビサービスを契約する方法です。
これらのうち、できればコストパフォーマンスがいいものを選びたいですよね。

結論から言うと、長期的にみるとアンテナ、短期的にみるとケーブルテレビがおトクです!

光回線やケーブルテレビは毎月チャンネル料がかかるので、新築を建てる方はアンテナ設置ががおすすめです。

↓こちらが一月あたりにかかる料金の目安の表になっています。

例)新築に10年住む場合

テレビの視聴方法一月あたりにかかる費用
地デジアンテナアンテナ工事費:15,000円(目安)
15,000円÷120ヶ月(10年)=125円
地デジ・BSCSアンテナアンテナ工事費:30,000円(目安)
466円(BS基本料金)+3,000円(チャンネル料金)×120ヶ月(10年)=415,920円
(30,000円+415,920円)÷120ヶ月(10年)=3,716円
ケーブルテレビ(A社)工事費&契約料:10,000円
466円(基本料金)+6,000円(チャンネル料金+月額契約料)×120ヶ月(10年)=775,920円
(10,000円+775,920円)÷120ヶ月(10年)=6,549円
光回線(B社)光回線工事費+契約料:10,000円
470円(基本料金)+約6,000円(有料チャンネル料金+月額契約料)×120ヶ月(10年)=776,400円
(10,000円+776,400円)÷120ヶ月(10年)=6,553円

初期費用だけ見ると、テレビアンテナ・光回線・ケーブルそれぞれに大きな差はないのですが、やはり毎月の契約料金が大きいですね。

テレビアンテナは1度設置してしまえば固定費がかからないので、大きなトラブルがなければ10〜15年使い続けることができます。
コストパフォーマンスで考えるなら、新築の方はテレビアンテナが1番安く済むと思います!

アンテナ工事の流れを教えて!〜お問い合わせから工事完了まで〜

アンテナ設置

ここまで、業者を選ぶポイント、アンテナ設置にかかる費用についてご紹介してきました。

ここでは、実際に業者に依頼するときの流れについてご説明します。

アンテナ設置までの4ステップ

1電話かメールで相談・お問い合わせ・お見積り

らかじめここで疑問点や不安なところを潰しておくと、このあとのステップがスムーズに進みますよ!また、ここでいくつかの業者を比較してみましょう。料金・サービス・電話口の対応など…あなたが一番納得できた業者にアンテナ設置をお願いしましょう。

2現地調査・お見積り

業者スタッフの方に現場を調査してもらい、正確な見積りを出してもらいましょう。

3契約内容を確認し、契約後作業開始

しっかり契約内容を確認しましょう。見積りのときと値段が変わっていないか、見積りにはなかった作業が増えていないか、など。

4作業完了

設置作業が終わったらテレビがきちんと映るか確認しましょう。もし不具合があった場合、すぐ連絡して調整してもらいましょう。

新築のアンテナ工事で気をつけるポイント

一軒家の住宅
新築の場合、最低限建物の上棟後、電気工事が終わっていればアンテナの設置が可能です。

引っ越し前や当日にアンテナ工事業者のスケジュールを押さえておくのがオススメです。
新築にピッタリの色味のアンテナや、設置場所を相談することができるので、ぜひ問い合わせてみてくださいね。

なお戸建ての場合、物件の引き渡し前の工事は許可されないことがありますので、必ず施工会社に許可をもらってからアンテナ工事を行ってください。

アンテナ工事業者に予約を入れるタイミングは、工事してほしい日から逆算して1〜2週間前がいいですね。

台風の直後や引っ越しシーズンはアンテナ工事依頼が多くなるのですが、そのようなときでも早いうちに複数の業者に見積もりを依頼しておけば、スムーズに工事を終えられると思います。

ハウスメーカーや工務店が外注する業者は、経験や知識の少ない作業員が来る場合がありますが、当社の作業員はアンテナ専門のベテランスタッフばかりです。
テレビ映りの確認まで、きちんと責任を持って対応しますので、安心してご依頼ください!

お風呂場に壁掛けテレビを設置する場合

「せっかくのマイホーム、お風呂でゆっくりテレビが見たいな…」
「お風呂でテレビを見ながらリラックスしたい!」そんな考えをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
わかります!

仕事おわりにお風呂でゆっくりテレビをみる生活、憧れますよね。お風呂でテレビを見る方法はいくつかありますが、おすすめはお風呂の壁にテレビを埋め込む方法

お風呂の壁に埋め込むと、持ち運んで充電したり、お風呂にケーブルを引く手間が省けるためです。しかし、壁に埋め込む場合、後付工事を行うと配線工事に最低でも20万以上かかってしまうことがあるので、家を建てる段階で設置するのがおすすめです!

テレビアンテナ設置にかかる時間

アンテナ設置にかかる時間

新築であれば2~3時間程度かかる場合があります。

内容としては、

  • 八木式アンテナ・デザインアンテナ設置:1〜2時間
  • BS/CSアンテナも設置:プラス約30分
  • ブースター工事も必要:プラス約30分

となっております。

⚠思いがけないトラブルで長引くことも!

電波レベルが弱く、あなたが希望するアンテナ(デザインアンテナ)の設置が難しい場合や、天気が悪い場合などで長引くこともあります。

電波レベルが弱ければ受信感度のよい八木式アンテナを用意したり、設置場所を検討し直したりしなければなりません。

また、工事当日が台風だったり、天気が悪いときは延期しなければならないので、日づけに余裕を持ってアンテナを設置するのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事を要約すると以下の通りです。

  • テレビアンテナを設置するなら、ネットのアンテナ専門業者がおすすめ!
  • 「相見積もり」で複数の業者を比較しよう
  • 時間がないときは、ホームページで確認して優良業者を探し、電話見積りを依頼するのが◎

「八木式アンテナとデザインアンテナ、どっちにしようか悩んでる…。」
「費用について、もっと詳しく聞きたい!」
このようなときは、私たちみんなのアンテナ工事屋さんにお問い合わせください。
どんな小さなことでも構いませんので、まずは下記の番号からお気軽にご相談ください。

画像

あなたが納得してアンテナ業者を選び、スムーズにテレビを視聴できるよう祈っています。
みんなのアンテナ工事屋さん作業員、田村でした。

アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さんについて
当サイトについて
アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの5,000円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る