みんなのアンテナ工事屋さん

到着まで最短30分。各種カードのご利用可能です。
到着まで最短30分。各種カードのご利用可能です。

4Kアンテナがなくても4Kテレビは見れる!4K8Kアンテナと既存のBSアンテナの違い

アンテナのお悩み対策
2021.11.11 更新
4Kアンテナは必要?

こんにちは!
みんなのアンテナ工事屋さんの田村です。

2018年から新4K8K放送が始まり、4K8Kアンテナが普及していますね。

「既存のBSアンテナと4Kアンテナはどう違う?」
「4Kアンテナは本当に必要なの?」

結論から言うと、4Kアンテナなしで視聴できる4K番組もあります。
この記事では、あまり知られていない4Kアンテナで視聴できる番組と、既存のBSアンテナとの違い、4K視聴方法を解説します。

  • 4K8Kアンテナと既存のBSアンテナの違い
  • BS放送の視聴方法と対応するアンテナの種類
  • オススメの4Kアンテナ
  • 4Kアンテナの工事費用と業者の選び方

この記事を読んだあなたが、4Kアンテナの知識を正しく理解し、新しい4K放送や今までのBS放送を楽しめますように!
それでは参ります。

▶ 今すぐ4Kアンテナを設置してほしい!という方は、みんなのアンテナ工事屋さんにお任せください!最安33,000円から、ホワイト・ブラックいずれかの4Kアンテナをお選びいただけます。

4Kアンテナの設置・交換は
お気軽にご相談ください。

トップページでサービス詳細を見る
↓電話・メールで今すぐ相談したい方はこちらから↓

従来のBS放送を見るのに4Kアンテナは必要ない

NHK BS第一やBS日テレ、BS朝日といった従来のBS放送を視聴する分には、既存のBSアンテナがあればOKです。

ただし2018年に始まった新4K8K放送のうち、BS左旋の4K8K放送を視聴するには、4Kアンテナが必要です。
アンテナだけでなく、テレビやアンテナケーブルなどの機器も4K対応のものにする必要があります。

既存のBSアンテナで視聴できる4K放送もある

一部の4K放送は従来のBS放送と同じ、「右旋」を使用していますので、既存のBSアンテナのままで視聴できます(※ 4K対応のテレビが必要です)。

既存のBSアンテナで視聴できる4K番組は5つあります。

既存BSアンテナで見れる4K番組
BS右旋の4K放送 ・NHK BS 4K
・BS 朝日4K
・BS テレ東4K
・BS 日テレ 4K
・BS TBS4K
・BS フジ4K

いっぽう、「左旋の4K8K放送」を視聴する場合は、4K・8Kアンテナが必要です。

4Kアンテナで見れる4K番組
BS左旋の4K放送 ・NHK BS 8K
・ショップチャンネル 4K
・4K QVC
・ザ・シネマ 4K(有料)
・WOWOW(有料)
CS左旋の4K放送 ・J SPORTS 1~4(有料)
・日本映画+時代劇 4K(有料)
・スターチャンネル 4K(有料)
・スカチャン1~2 4K(有料)

4K8Kアンテナと既存のBSアンテナの違い

4K8Kアンテナと既存のBSアンテナでは、受信する周波数帯と視聴できる番組が異なります。

既存BSアンテナ 4K8Kアンテナ
見た目 BS110°CSアンテナ

4K8Kアンテナ

単品価格 3,000円〜10,000円 5,000円〜13,000円
工事費用相場 16,500円〜44,000円 33,000円〜64,000円
周波数帯 1,032~2,071MHz(低い) 2,224~3,224MHz(高い)
放送の種類 右旋円偏波 右旋円偏波と左旋円偏波

結局、4Kアンテナは必要なのか

結論から言うと、BSアンテナの交換を検討中の方は、これからの時代に備えて、4K8Kアンテナを設置したほうがよいです。
これは日々4Kアンテナの工事に携わる、アンテナ工事専門会社で働く私からの意見です。

4K放送の最大の魅力は、何よりも高精細な映像です。
従来の2K(フルハイビジョン)の4倍の画素数で、スポーツやドキュメンタリーの臨場感が増します。

それだけでなく、現在日本は国策として4K8K放送の強化を進めています。
今後ますます左旋の4K放送が増えていくことが予想されますので、新規設置や交換のタイミングで4K8K対応アンテナを設置することをオススメします。

逆に言うと、4K放送や4Kテレビの普及によって、既存のBSアンテナはどんどん需要が減り、生産が少なくなります。
たとえばBSアンテナが故障したとき、BSアンテナのプラグや留め具の交換が必要になったとします。
しかし古いアンテナの関連機器は生産が停止されることが多いため、部品を調達できずに交換を提案される可能性があります。

どのみち4Kアンテナに交換することになりますので、時代にあわせて、お早めの4Kアンテナへの移行をおすすめします。

4Kアンテナの設置・交換は
お気軽にご相談ください。

トップページでサービス詳細を見る
↓電話・メールで今すぐ相談したい方はこちらから↓

今あるアンテナは4K8Kに対応している?

家電量販店にある4K8Kアンテナ

ご自宅に設置されているアンテナが4K8K似対応しているかどうかは、アンテナ本体に「4K8K」の文字が書かれているかを調べるのが手っ取り早いです。

目視での確認が難しい場合は、ご自宅のテレビから確認しましょう。
リモコンの「CS」ボタンを押し、番組表の中から「QVC」を選択してみてください。

QVCとは、24時間無料で放送されている、4K放送のショッピング番組です。
QVCが映れば、ご自宅のアンテナが4Kに対応していることになります。

4K放送を見るために必要なのは4kアンテナだけではない

4Kテレビを見るには、テレビだけでなく4Kチューナーが必要です。
チューナーが内蔵されている4Kテレビもありますが、内蔵されていない場合は外付けの4Kチューナーを用意しましょう。

最近では、4Kチューナー内蔵の4Kテレビが増えてきています。
新しく購入する場合は、チューナー内蔵型の4Kテレビがオススメです。

4K放送を見るには何が必要か

4K放送を見るには、ざっくりと次の製品が必要です。

  • 4K対応テレビ
  • 外付け4Kチューナー(テレビに内蔵されている場合不要)
  • 4K対応のアンテナ
  • 4K対応のアンテナケーブル
  • 4K対応のブースターや混合器、分波器などの周辺機器
4K8Kアンテナ工事ではケーブルなども4K8K対応にする必要がある
4K8K対応のアンテナケーブル

4K8Kアンテナ工事では、アンテナだけでなく、ケーブルや分配器、ブースターといった周辺機器もすべて4K8K対応にする必要があります。
このため、地デジアンテナやBSCSアンテナといった工事費用よりも費用や時間がかかる傾向にります。

4K8K対応の製品の見分け方

日本アンテナ

4K8K対応の製品には、「4K8IKマーク」「SHマーク」「3224MHz対応」などの文字が書かれています。
パッケージを手にとって、該当するマークがないか探してみましょう。

国内3大アンテナメーカーの4Kアンテナがオススメ

4Kアンテナを自分で購入するときは、国内3大アンテナメーカー製のものがオススメです。
国内3大メーカーとは、日本で昔からアンテナなどの電器工事の部材を製造している「マスプロ電工」「DXアンテナ」「日本アンテナ」の3社です。

プロのアンテナ工事会社でも使用されている、安定性の高い製品を作っています。

1. マスプロ電工の4K8Kアンテナ(固定金具込み)

マスプロ電工は、昭和28年(1953年)創業の製造会社で、主にテレビの受信機器を開発・製造しています。
「よい考え・よい製品」を経営理念に、高品質な4K8Kアンテナを世の中に提供しています。

マスプロ 4k 8k BCアンテナ 【品番】BC45RL-SET

価格:¥7,069 (2021年11月11日10:30時点の価格)

Amazonで購入する

2. DXアンテナの4K8Kアンテナ(固定金具込み)

DXアンテナは、昭和28年(1953年)創業の放送受信関連機器専門メーカーです。
時代のニーズにあった製品の開発を目標に、リーズナブルかつ安定した4Kアンテナを多数製造販売しています。

3. 日本アンテナの4Kアンテナ(固定金具別売り)

日本アンテナは、昭和28年(1953年)に創業したテレビ関連機器の製造・販売会社です。
アンテナだけでなく、ケーブルテレビのSTBやチューナーを数多く製造しており、部材の質と安定性に定評があります。

日本アンテナ アンテナ取付金具 BK-32ZR

価格:¥1,570 (2021年11月11日10:30時点の価格)

Amazonで購入する

みんなのアンテナ工事屋さんでは、国内3大メーカーの4Kアンテナを取り扱っております!

高品質で長持ちする4Kアンテナの工事を希望する方は、ぜひみんなのアンテナ工事屋さんをご利用くださいね。

📞: 0120-769-164
(4Kアンテナ工事 7時〜22時)

4kアンテナの工事費用相場は33,000〜64,000円

4Kアンテナの工事費用は33,000〜64,000円が相場となります。
上記の費用相場には部材費、作業費、ケーブルなどの部材費、宅内養生費が含まれます。
ただし、新築住宅でブースターや分配器などの既存設備がない場合は、上記の費用相場を上回ることもあります。

ただし当社が過去に実施したアンケート調査では、4K8Kアンテナ工事の平均金額は58,615円になりました。

4K8Kアンテナ工事の費用相場は58,615円

■対象期間:2021年05月12日〜2021年05月26日
■募集形式:インターネット調査
■調査対象:過去に自宅でアンテナ工事したことがある男女
※ 上記の平均金額はあくまでテレビアンテナ単体を新規で設置した場合の工事費用であり、複数のアンテナの同時設置、アンテナ端子増設、古くなったアンテナの撤去費用等は含まれておりません。

4kアンテナの工事はプロのアンテナ工事専門会社がオススメ

4Kアンテナの設置工事

結論から言うと、4Kアンテナの工事は、プロのアンテナ工事専門会社に依頼するのがオススメです。

ほかにもハウスメーカーや家電量販店、ホームセンターにもアンテナ工事を依頼することもできますが、実際に施工するのは下請けの外注労働者だったり、施工後のアフター保証がつかなかったりと、質の悪さが目立ちます。

その点、アンテナ工事を専門とする会社に依頼すれば、アンテナ工事の知識と高い技術をもつ職人に工事してもらえますし、工事後の保証も期待できます。

業者選びのポイントと注意点は、次の記事を参考にしてください。
▶ テレビアンテナ工事はどこがおすすめ?業者選びで失敗しないために

さらにアンテナ工事会社に依頼すると、4Kアンテナ工事に助成金がおりる可能性もありますよ。

BSアンテナから4Kアンテナへの移行には助成金が出ることもある

既存のBSアンテナを4Kアンテナに交換する場合、国から助成金が出ることがあります。
※ 2017年5月11日以前に設置されたBSアンテナの交換に限ります。

タイミングや申請条件が厳しいですが、こちらもあわせて検討してみてくださいね。
▶ 4Kアンテナ工事を安くする「助成金」を申請するには

みんなのアンテナ工事屋さんは4Kアンテナ工事を多数担当しております

みんなのアンテナ工事屋さんでは、ありがたいことに多くの4Kアンテナ工事を担当させていただいております!
当社の4Kアンテナ工事では、ブラック・ホワイトの2色からお好きなアンテナをお選びいただけます。

お家の壁の色や、地デジアンテナのお色とあわせて設置されるお客さまが多いです!

当社が担当した4Kアンテナ工事

4Kアンテナの工事と一緒に、既存のBSアンテナとの交換やケーブル配線、4Kテレビのチャンネル設定も担当いたしますので、お気軽にご相談くださいね。

4Kアンテナの設置・交換は
お気軽にご相談ください。

トップページでサービス詳細を見る
↓電話・メールで今すぐ相談したい方はこちらから↓

私たちの4Kアンテナの工事事例は、当サイトの施工ブログをご覧ください!
▶ 4Kアンテナ工事の施工ブログ

ケーブルテレビや光回線で4K放送を視聴する場合

ケーブルテレビと光回線で4K8K放送を見る方法

(引用元:4K8Kアンテナ工事は必要? 工事費が安くなる「助成金制度」申請方法)

ケーブルテレビで4K放送を視聴する場合は、各ケーブルテレビ会社との契約、そして4K対応のセットトップボックス(STB)や専用アダプターが必要になります。

これら4K8K専用の受信機は、あなたが契約しているケーブルテレビ会社、もしくは光回線の会社でレンタル・購入するのが1番です。

ご契約中のケーブルテレビ会社、もしくは光回線の会社に連絡して、4K放送を視聴できるプランに変更できるか相談してみましょう。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございます!
この記事では、4Kアンテナと既存のBSアンテナとの違いや、4Kテレビの視聴方法について紹介しました。

  • 従来のBS放送を見るのに4Kアンテナは必要ない
  • 左旋の4K8K放送を見るためには4Kアンテナが必要
  • 4Kアンテナ工事の費用相場は33,000〜64,000円

既存のBSアンテナを使い続けるか、4Kアンテナ工事をするか、気持ちは決まったでしょうか。
この記事が、BS放送に興味があるあなたにとって、一つの参考になれば幸いです。

みんなのアンテナ工事屋さんでは、日々たくさんの4Kアンテナの設置工事を担当させていただいております!
ご相談とお見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

▼お電話でのご相談はこちら▼

📞: 0120-769-164
(365日 7時〜22時対応)

▼メールでのご相談はこちら▼

お問い合わせフォームはこちら
(翌営業日の24時間以内にお返事します)

それでは、みんなのアンテナ工事屋さんの田村がお送りしました。

アンテナ工事カテゴリー(42)