部屋にアンテナ端子が1つもない…工事以外でテレビを見る方法は? (大阪府 I.K)

アンテナ端子がない部屋でテレビを見る方法

現在、一軒家に住んでいます。

2階の自室でテレビが見たいのですが、わたしの部屋にはアンテナ端子がありません。

端子を増やそうかとも考えたのですが、家族の反対があり、残念ながら壁の工事はできません。

アンテナ端子がない部屋でも、テレビを見ることはできますか?

(大阪府 I.K)

「今すぐ好きな場所でテレビを視聴したい!」という方は、みんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください!

最短30分で駆けつけ、テレビアンテナと配線の問題を解消します。

画像

アンテナ端子がない部屋でテレビを見るために…今すぐ試せる5つの方法を紹介します!

こんにちは!

みんなのアンテナ工事屋さんの中沢です。

テレビを見たい部屋に限って、壁にアンテナ端子がなかったり、離れていたりするんですよね。
せっかくテレビを用意したのに、部屋にアンテナ端子がないとガッカリすると思います。

「そもそも、アンテナ端子って何?」という方に簡単に説明すると、アンテナ端子とは壁についたケーブル用の穴のこと。

アンテナ端子の写真

テレビとアンテナ端子をケーブルでつなぐことで、電波が届く仕組みになっています。

しかし、一軒家だと「居間や1階にはアンテナ端子がついていたけれど、2階にはついていなかった……」ということが多いんですよね。

でも、大丈夫です!
アンテナ端子が無くてもテレビを見ることはできます。

アンテナ端子が無い部屋でテレビを見る方法は5つあります。
どの方法があなたに合っているかかは、下のチャートを参考にしてください。

フローチャート

※リンクを押すと、各トピックに移動します!
それぞれの方法と注意点を各トピックで詳しくご紹介しますので、ぜひ読んでみてください!

この記事を読んでくれた方が、自由にテレビを視聴できることを祈っています。

方法(1)他の部屋からアンテナケーブルを延長する

テレビの裏にアンテナケーブルを繋ぐ様子

この方法は、簡単にいうと「アンテナ端子がある部屋から、電波を有線で引っ張ってくる」やり方です。

テレビを見たい部屋とアンテナ端子がある部屋の距離があまりにも離れている場合は不向きですが、たとえばテレビを見たい部屋の隣の部屋にアンテナ端子がある場合は、この方法が手っ取り早いです。

テレビとアンテナ端子をつなぐケーブルは、「アンテナケーブル」「同軸ケーブル」などと呼ばれています。

アンテナケーブルの選び方は?

まずは、必要な長さを調べましょう。

長さの目安は、下の画像を参考にしてください。
アンテナケーブルの長さ目安
アンテナケーブルには「2C」「4C」「5C」などの種類があり、数字はケーブルの太さを表しています。
5C、4C、2Cケーブル
アンテナケーブルの太さを選ぶにあたって、ぜひ覚えておいてほしい特徴が2つあります。

  • 太いケーブルの方が電波が安定する
  • アンテナからテレビまでを同じ太さのケーブルでつないだ方が電波が安定する

なので、できる限り5Cのケーブルを使うようにしましょう。

ただし、5Cケーブルは固いので、直角の折り曲げには不向きです。

部屋の角では、無理にケーブルを折り曲げるのではなく、下のようなL字のプラグを利用してみてください。

ドアや窓のサッシにケーブルを通す場合、ケーブルが挟まって開閉の妨げとなることがあります。

そのような時は、下のようなフラットケーブルを使えば、スムーズに開け閉めできます。

もしも「アンテナ端子がある部屋ですでにテレビを使っていて、アンテナ端子の空きがない」という時は、1つの電波を2股に分ける装置「分配器」を間に挟んでみましょう。

アンテナケーブル延長の注意点!「減衰量」とは?

アンテナケーブルを延長すると、その分テレビに届く電波が弱くなります。
このように届く電波が弱くなったり、減少したりすること「減衰」というのですが…。

たとえば以下のような場合は、電波の減衰量が多くなります。

  • アンテナケーブルを延長している
  • 分配器を使って電波を分散させている
  • 細いアンテナケーブルを使用している
  • 古いアンテナケーブルを使用している
  • 周波数帯が合わない番組を視聴している
  • 天候により、電波の受信が悪くなっている

減退量が上がると、その分テレビ映りが悪くなってしまうので注意してください。

このトピックで登場した「アンテナケーブル」分配器については、別の記事で詳しく紹介しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

▼アンテナケーブルについてはこちら▼

【延長・交換】テレビアンテナケーブルの選び方・つなぎ方を解説!

▼分配器についてはこちら▼

テレビをもう1台増やしたい!分配器の接続方法は?

続いて、「無線LANで映像を飛ばす方法」についてお伝えします。

方法(2)無線LANで映像を飛ばす

無線LANで映像を飛ばそうとする男性
「居間で録画した番組を、寝室で見たい」

「子供部屋で、アンパンマンのアニメを見せたい」

このような時は、無線LANを使って映像をテレビに飛ばしましょう。

簡単にいうと、インターネット回線を使ってテレビの映像を別のテレビに送る方法です。

インターネット回線を契約していて、なおかつ無線LANの仕組みを分かっている方向けのやり方ですが、非常に便利なのでオススメします。

これは「DLNA」(Digital Living Network Alliance)というインターネットの互換性を利用した仕組みの1つです。

DLNAは、以下の4種類に分かれています。

名称DMS(デジタルメディアサーバー)DMP(デジタルメディアプレーヤー)DMC(デジタルメディアコントローラー)DMC(デジタルメディアコントローラー)
画像BDレコーダーNASテレビ、レシーバースマホアプリスピーカー、コンポ
種別BDレコーダー、NAS(ネットワークHDD)テレビ、レシーバースマホアプリスピーカー、コンポ
用途コンテンツを蓄積し、プレーヤーやレンダラーに送信する。サーバーに蓄積したコンテンツを再生する。スマホをリモコンとして使うための機能。再生専用の機器。DMPと違い、サーバー検索機能がない。

このうち、テレビを見る時に使うのは、主に「DMS(デジタルメディアサーバー)」「DMP(デジタルメディアプレーヤー)」の2つです。

なんだかややこしいですが、たとえば大手メーカーのパナソニックの場合、「お部屋ジャンプリンク」が使える製品を選べばOKです。

  • 無線LANルーター
  • LANケーブル
  • HDMIケーブル
  • レコーダー(ディーガ)
  • テレビ(ビエラ)

最低限これらが揃っていれば、アンテナ端子がない部屋でも、現在放送中のテレビ番組や録画した映像を無線で送受信できます。

ディーガとビエラの互換性

詳しくは、パナソニックの公式ホームページ(お部屋ジャンプリンク紹介ページ)を見てみてくださいね。

無線LAN使用時の注意点!障害物に気をつけよう

無線LANは、直線距離なら100m近く通信できますが、障害物があると途端にスピードが落ちてしまうという特性があります。

特に、鉄筋コンクリートの壁を通すと一気に回線が遅くなります。

1階のルーターから2階のテレビに映像を飛ばす場合、最低でも3秒ほどのタイムラグが出てしまいます。

テレビの場所を決める際には、間の障害物がどれぐらいあるかもよく考えるようにしましょう。

続いて、ポータブルテレビを利用する方法についてお伝えします。

方法(3)ポータブルテレビを利用する

車の中のポータブルテレビ

ワンセグ・フルセグチューナーが内蔵されたポータブルテレビを使えば、アンテナ端子が無い部屋でも地デジの番組を見ることができます。

家の中だけでなく、外出先や車の中にも持ち運べるのが嬉しいですね。

「画面が小さくても構わない。地デジ番組が視聴できれば良い」という方にオススメです。

チューナーが内蔵された小型のテレビが代表的ですが、自分のノートパソコンやタブレット、スマホでワンセグ・フルセグを視聴できるUSBタイプのテレビチューナーも出ています。

テレビチューナー単体なら比較的安価なので、「どうしてもテレビの画面に映像を映したい!」というこだわりがなければ、チューナー単体を購入しても良さそうです。

テレビチューナー単体を購入する際は、テレビを見たい端末や機種に対応しているかもチェックするようにしてくださいね。

ポータブルテレビの注意点!ワンセグとフルセグの特徴を知っておこう

「ワンセグ」「フルセグ」の「セグ」とは、セグメントのことです。もともと、地上波デジタルには13のセグメントがあり、そのうち12セグメントを使用したものがフルセグ放送
残りの1つがワンセグ放送に使用されています。

たくさんのセグメントを利用するフルセグ放送の方が画質がよく、大きな画面に適しているのですが…
フルセグはワンセグに比べて移動時の電波受信が弱く、バッテリー消費が早いというデメリットもあります。

ポータブルテレビを選ぶ際には、ワンセグとフルセグのどちらが自分に合っているか考えてから選ぶようにしてみてくださいね。

また、ワンセグもフルセグも地上デジタル放送のみ視聴可能です。
BS/CS番組や専門チャンネルが見たい方には、別の方法をオススメします。

方法(4)室内アンテナを設置する

室内アンテナとテレビ
据え置き型の室内アンテナや、ペーパーアンテナを利用して電波を受信することもできます。
こちらも「地デジさえ視聴できればそれでいい」という方向けの方法ですね。

もともとアンテナ端子は、屋外のアンテナから有線で電波を引くために設置されたものです。
室内にアンテナを設置してしまえば、アンテナ端子は必要ないんですよね。

室内アンテナは、小型の据え置き型。
テレビの横などに設置して、ケーブルでつなぎます。

ペーパーアンテナは、薄い紙のような形で、壁や窓に貼り付けて使います。

価格も2,000円前後とお手頃なので、まずはお試しで設置してみるのはいかがでしょうか。

室内アンテナの注意点!電波不足に注意

室内アンテナは、手軽に設置できる反面、屋外用の地デジアンテナと比べて電波が弱いというデメリットがあります。

せっかくお金を払って買ったのに、「うちの環境では、室内アンテナだと電波が足りなかった……」と後悔することになったら悲しいですよね。

そこで、手軽に試せる確認方法をご紹介します。

テレビを見たい場所でスマホを起動し、ワンセグを視聴してみてください。

問題なくワンセグが視聴できるようなら、電波が強いということです。

ブツブツ途切れたり、ノイズが発生するようなら、電波が弱く、室内アンテナでは不十分かもしれません。

他の方法に切り替えることをオススメします。

方法(5)最後の手段……アンテナ端子を増設する

アンテナ端子の内部

これまでに紹介した方法では、どうしてもテレビを視聴できない……。

そんな時は、壁にアンテナ端子を増設しましょう。

ただしこの方法は、どうしても費用が高くなってしまうので、あくまで最後の手段と考えてください!

工事業者に依頼すると、工事費の相場は1〜2万円ほど。
出張費や建物の構造によっては、追加料金がかかる場合もあります。
とくに「壁貫通」が必要な工事は、かなりの高額になることが予想されます。

鉄筋コンクリートの壁貫通の場合、工事費が10万円を超えてしまうこともあるので、注意してください。

アンテナ端子の増設はDIYできる?

アンテナ端子の増設は、コンセントボックス・取付枠・カバーなどの部品を用意すれば、自力で工事することもできます。

ただし、かなり専門的なスキルと知識が必要になるので、初心者の方にはオススメしません。

以下のような場合は、自力でのDIYは絶対にやめましょう。

  • 屋根の上や壁面にアンテナがあり、ケーブルの引き込みに高所作業が必要
  • マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる

高所作業は落下事故につながることも多く、大変危険です。

また集合住宅の場合、管理会社の許可なく工事をするのは禁止されていることが多いので、注意してください。

アンテナ端子増設の注意点!電波不足に気をつけよう

アンテナ端子の工事では、壁の中に「分配器」を隠します。

前のトピックでもお伝えしましたが、分配器とは、1つの電波を2股に分けるための装置です。
分配器を使用すると、テレビ1台あたりに届く電波供給量が少なくなり、以下のような問題が発生するおそれがあります。

  • テレビの画質が悪くなる
  • 映像にノイズが出る
  • エラーコードが頻繁に出る

アンテナ端子の増設は、これまでに紹介した4つの方法よりも比較的電波の減衰量が少ないやり方です。

しかしそれでも、映りが悪くなってしまうことはあります。

そんな時はどうしたら良いか、次のトピックでお伝えします。

アンテナ端子がない部屋でテレビを見る「最大のデメリット」とは?

ここまでは、アンテナ端子がない部屋でテレビを見る5つの方法をご紹介しました。

すべての方法に共通する最大のデメリットは、テレビ映りが悪くなりやすいことです。

地上デジタル放送を受信すると、電波不足によって「ブロックノイズ」が発生します。
デジタル放送のノイズ

集中してテレビを見ている時にノイズが入ると、気分も台無しになってしまいますよね。

「ある程度の画質の悪さは仕方ない。テレビが視聴できればそれでいい」と割り切れる人なら良いかもしれませんが、綺麗な映像を見たい方にとっては、かなりのストレスになるのではないでしょうか。

画質をよくする手段は2つあります。

  • アンテナ自体を電波の強いものに交換する
  • 「ブースター」を設置する

ブースターとは、アンテナが受信した電波を増幅する装置のことで、新しくアンテナを取り付ける際にはほぼ必ず設置します。

ブースター

アンテナ交換とブースターの導入、2通りある手段のうち、どちらを施工するかは、現地の電波状況を見て判断します。
場合によっては、両方を施工することもあります。

アンテナのプロはどうやって施工内容を決めるの?

私たちプロの業者は、測定器(レベルチェッカー)と呼ばれる装置を使って施工内容を判断します。

測定器で電波を測定し、あまりにも電波が弱すぎる場合はアンテナ自体の工事を。
少しの補強で済むようなら、ブースターを導入します。

測定器で電波を測るようす

電波の向きや量を教えてくれる測定器は、私たちアンテナ工事スタッフにとって必需品です。

業者でない方も、ネットショップで簡単に買うことができます。

DXアンテナ デジタルレベルチェッカー

価格:¥32,980(2019年12月18日18:30時点の価格)

Amazonで購入する

ただし、アンテナの向きを調整する仕事をしていない方がこのためだけにお金を払うのは、少々もったいないかもしれません。

「うちの電波がどれぐらいあるのか知りたい!」

「テレビの映りを改善したい!」

このようなご相談は、私たちプロにお任せください!

無料の現地調査で、あなたの環境にあった施工をご提案いたします。

0120-769-164

この記事のまとめ…アンテナ端子がない部屋でも大丈夫!

この記事を最後まで読んでくださってありがとうございます!

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

まず、アンテナ端子が無い部屋でテレビを見る方法は5つあります。

  • アンテナ端子を増設する
  • 他の部屋からアンテナケーブルを延長する
  • 無線LANで映像を飛ばす
  • ポータブルテレビを利用する
  • 室内アンテナを設置する

ただし、それぞれに注意点やデメリットがあります。
記事のまとめ
テレビ映りを改善するには、アンテナ自体を強いものに交換するか、ブースターを導入する必要があります。

電波不足の改善やアンテナ設置、配線工事は、アンテナのプロに任せるのが1番です。

私たちみんなのアンテナ工事屋さんなら、最短30分で駆けつけ、あなたにピッタリの方法をご提案します!

「どうするか迷っているんだけど……」

相談ベースからでも構いません。
まずは24時間対応の電話窓口から、お気軽にお問い合わせください!

tel:0120-769-164(24時間 365日対応いたします!)

24時間以内にお返事する、メールでの無料相談も受け付けていますので、こちらもご活用くださいね。

それでは、この記事を読んだ方が、自分の好きな場所でテレビを楽しめることを祈っています!

みんなのアンテナ工事屋さんの中沢がお送りしました。

アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さんについて
当サイトについて
アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの15,000円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る