テレビをもう1台増やしたい!分配器の接続方法は? (静岡県 K.W)

2つの分配器

家にテレビをもう1台増やして、地デジとBS番組を見たいと考えています。
しかし、周りの部屋で既にテレビを使っているため、接続できる場所がありません。

アンテナの線を2つに分けるには、どうしたらいいですか?

自分で調べた結果、「分配器」を使うことまでは分かったのですが、選び方や接続方法が分かりません。

(静岡県 K.W)

「今すぐ好きな場所でテレビが見たい!」という方は、みんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください!

最短30分で駆けつけ、テレビアンテナと配線の問題を解消します。

画像

1つの電波を2つに分ける分配器。特徴や選び方を知って、上手に接続しよう!

こんにちは!
みんなのアンテナ工事屋さんの中沢です。

アンテナケーブルの接続って、慣れていないと本当に難しいですよね。
特に「分配器」や「分波器」を使って複数のテレビを繋ぐとなると、接続難易度がグンと上がります。

「アンテナ線を2つに分けるには、分波器と分配器のどちらを使えばいいんだろう?」

「分配器にも色々あるけど、どう選べばいいの?」

「テレビ、レコーダー、分配器をどの順序で繋げばいいか分からない…。」

分からないことだらけで大変……と思うかもしれませんが、大丈夫です!

分配器の選び方と接続方法には、それぞれ基準と順番があります。

この記事では、一般の方が分配器を繋ぐ際に特に間違えやすいポイントを1つ1つ解説し、テレビが見れるまでサポートします。

それでは、まいりましょう!

※とにかく早く解決したい!という場合はコチラへ。
お電話1本いただければ、すぐに解決いたします!

そもそも「分配器」って何?分波器との違いとは

分配器、分波器、分岐器の違い

アンテナの周辺機器には、電波を2つに分ける「分配器」と、電波の種類を分ける「分波器」があります。

この2つを間違えてしまう方が多いので、注意してください。

このトピックでは、私たちがテレビの配線でよく使う3つの装置「分配器」「分波器」「分岐器」それぞれの用途を詳しく解説します。

複数のテレビを見るには「分配器」を使おう

まず、「分配器」について。

分配器とは、地デジやCATV、BS/CS放送といった電波を均等に分配する装置のことです。

「複数のテレビを使いたい」
「テレビだけでなく、BDレコーダーにも接続したい」
という時に使用します。

出力する数によって、「2分配器」「3分配器」「4分配器」などの種類があります。

ただし、電波を分ければ分けるほど1台あたりのテレビに届く電波が少なくなってしまうので注意してください。

BS/CS番組を見るには「分波器」を使おう

「分波器」は、分配器と名前が似ていますが、用途は全く違います。

分波器は、地デジとBS/CS放送の2つの電波を1つのアンテナ線で受信した時に、それぞれの回線に分けるはたらきをするものです。

「地デジだけでなく、BS/CS番組も見たい!」という方は、分波器を使って電波を2つのケーブルに分ければ、両方の電波を安定させることができます。

分波器で分けたケーブルを、テレビの裏にある「地上デジタル入力端子」「BS/CS入力端子」それぞれに接続すれば、各放送を快適に視聴することができます。

ビルなどの大型の建物では「分岐器」を使う

上の2つ以外にも、「分岐器」という装置もあります。

こちらは、1つの電波を枝分かれさせたい時に使います。

分配器が5:5の比率で電波を分けるのに対し、分岐器は9:1の比率で出力することができます。

この分岐器、一般住宅ではほぼ使用されません。

というのも、ビルやマンションなどの大型の建物では、どうしても長い距離をケーブルで繋ぐ必要が出てきますよね。

そのような配線では、わずかな電波量の違いで電波のトラブルになってしまうため、メインケーブルのレベルを落とさず供給量を調整できる分岐器を使うのがセオリーとなっています。

分配器の選び方は?値段と種類を解説!

3つの機器の違いが分かったところで、さっそく自分の部屋に合った分配器を選んでいきましょう。

ここで注意してほしいのが、分配器選びに失敗して、使えないものを買ってしまうことです。

そこで、分配器選びで特に迷いやすいポイントを紹介します。
下の画像は、分配器を購入する時にチェックしてほしいところです。

分配器の選び方

  • ポイント(1)値段
  • ポイント(2)通電型の種類
  • ポイント(3)ケーブルの有無
  • ポイント(4)出力端子の本数
  • ポイント(5)周波数

それぞれ順番に見ていきましょう。

ポイント(1)分配器の値段はどれぐらい?

分配器の値段は、だいたい100円〜2,000円ほど。

値段にばらつきがあるのは、製品の耐久性や性能が違うからですね。

分配器は、家電量販店やネットショップのほか、100円均一でも買うことができます。

「できるだけ安いものを購入したい!」という思うかもしれませんが、購入の前に耐久性についてよく考えてみてください。

短期間の利用なら安価なものでも大丈夫ですが、「5年以上部屋で使いたい」という場合は、安定性のある国内メーカーのものを購入するようにしましょう。

ポイント(2)「全端子通電型」と「1端子通電型」って?

分配器には、「全端子通電型」「1端子通電型」の2種類があります。

「通電」とは、電気を送ること。

BSアンテナはテレビから電気を送ることで放送を受信する仕組みになっているので、通電効果のある分配器を使用しなければ、BS放送を受信することができません。

「全端子通電型」は、すべての出力端子で通電しますが、「1端子通電型」は1つの端子のみ通電します。

このため、1端子通電型のほうが値段が安いという特徴があります。

「地デジしか見ない」「安く済ませたい」という方は1端子通電型で大丈夫ですが、もしも迷ったら、応用の効く「全端子通電型」を購入するようにしましょう。

ポイント(3)「ケーブル一体型」と「単体型」どちらを選ぶ?

単体型がメジャーですが、アンテナケーブルと分配器が一体になった商品もあります。

分配器でテレビのみを繋ぐ方は、配線が楽なケーブル一体型を購入しても良いと思います。

「テレビだけでなく、無線LANやBDレコーダーを接続したい!」という方は、付属のケーブルでは長さが足りなくなることがあります。
応用の効く単体型を購入するようにしてください。

ポイント(4)出力端子は何本が良いの?

2分配、3分配、4分配

分波器は、出力端子の本数によって「2分配器」「3分配器」「4分配器」などの種類があります。

ここで注意してほしいのですが、複数のテレビを見たい場合は、いくつもの2分配器を何度も枝分かれさせるのではなく、最初から3分配器や4分配器を購入するようにしましょう。

なぜかというと、電波を分ければ分けるほど1台あたりのテレビに届く電波が少なくなり、結果として映りが悪くなってしまうからです。

分配器1台あたり、だいたい「3〜4dB」ほど電波の量が減ると言われています。

分配器同士をタコ足状に繋ぐことを「カスケード接続」というのですが、これをすればするほどテレビに届く電波が弱くなり、ノイズやエラーに繋がります。

接続する分配器の数は少ないに越したことはありません。

分配器の「空き」をそのままにするのはNG!

「将来テレビを増やすかもしれないし、4分配器を買っておこうかな」
という方もいると思います。

そんな時に気をつけてほしいのが、空いている出力端子の処理です。

使わない出力端子をそのままにしておくと、そこから電波が漏れたり、外部の電波を拾ったりして映像にみだれが出ることがあります。

そのような障害を防止するのが、「ダミー抵抗器」です。
ダミー抵抗器があれば、電波が安定し、映りがよくなります。

特にWi-fiやスマホの通信と競合しやすい4K8K放送対応のテレビでは必需品となりますので、必ず取り付けるようにしましょう。

マスプロ電工 4K8K対応 ダミー抵抗器

価格:¥431(2019年12月20日18:30時点の価格)

Amazonで購入する

ポイント(5)分配器の周波数、どれぐらいがベスト?

地デジ、BS/CS、4K放送……見たい放送の種類によって、分配器の対応周波数が変わります。

分配器を始めとした従来のアンテナ機器は、2071MHz対応のものがほとんどでした。
しかし、2018年12月に4K8K放送が始まったことで、より高い周波数を受信できる装置が必要になりました。

4K8K放送のメリット

地デジ放送やBS/CS放送が見たい方は、2071MHzまで対応しているの従来の分配器を。
4K8K放送が見たい方は、3224MHz対応の分配器を選ぶようにしましょう。

以上、分配器の選び方でした。

分配器の接続方法は?ケース別に紹介します!

自分の家に合う分配器を選んだところで、具体的な接続方法を見ていきましょう。

以下のような手順で接続してください。

  1. アンテナ端子からテレビまでの長さを測る
  2. 必要な分だけアンテナケーブルとプラグ、分配器を用意する
  3. アンテナ端子にアンテナケーブルを繋ぎ、分配器の入力端子に繋ぐ
  4. 分配器の出力端子にアンテナケーブルを接続し、テレビに繋ぐ

ここからは、よくある分配例をピックアップしてご紹介します。

例(1)アンテナ端子が1つで、地デジのみ視聴したい

壁のアンテナ端子が1つの場合は、ここから地デジ用の電波を供給します。

下の図のように分配器を接続すればOKです。

例(2)アンテナ端子が1つで、地デジとBS/CS放送を視聴したい

地デジだけでなくBS/CS放送も見たい場合は、まず壁のアンテナ端子を確認してみましょう。

アンテナ端子の形態によって、接続方法が変わります。

  • アンテナ端子が地デジとBS/CS放送に対応している
  • アンテナ端子が地デジのみ対応している

2つそれぞれの接続方法を見ていきましょう。

アンテナ端子が地デジとBS/CS放送の両方に対応している場合 {#アンテナ端子が地デジとbs-cs放送の両方に対応している場合}

アンテナ端子が地デジとBS/CS放送の両方に対応している場合は、分配器と分波器で電波を分けて繋げばOKです。

図にすると以下のような感じ。

アンテナ端子が地デジのみ対応している

アンテナ端子が地デジのみ対応している場合は、BS/CS用の回線を別で用意する必要があります。

BS/CS用のパラボラアンテナを用意し、そこからケーブルを引きましょう。

例(3)アンテナ端子が2つある場合

アンテナ端子が2つある場合も、まずは端子が地デジ用とBS/CS用それぞれに分かれていないか確認してみましょう。

もし何も書かれていなければ、アンテナ端子が1つのときと同じように接続すればOKです。
「BS/CS放送は契約していない」という方も、上記の方法で大丈夫です。

アンテナ端子が地デジ放送とBS/CS放送に分かれていて、「地デジだけでなくBS/CS放送も見たい!」という場合は、それぞれのケーブルに分配器を設置する必要があります。

そして、ここからはプロが分配器を接続する時のルールについてお伝えします。

プロはどう接続する?分配器は壁の中にしまうのがベストです!

屋根裏の配線

たとえば新築の工事では、アンテナ周辺機器を露出させず、壁の中にしまうのがセオリーです。

理由としては、周辺機器を外に出していると劣化が早くなったり、電波が不安定になりやすいので、安定性を上げるために安全な場所に隠すというのが1つ。

もう1つは、工事やリフォームの際に配線が1箇所にまとめられていた方が作業しやすいという理由があります。

自力でケーブルを接続するときも、可能なら分配器を壁の中にしまうのがベストです。

分配器はどこにあるの?点検口とは

浴室天井の点検口

壁の中の分配器や分波器は、多くの場合点検口の中にまとめて収納されています。

浴室の天井や屋根裏の天井、クローゼットの天井に点検口がないか、探してみてください。

点検口の中に分配器や分波器が設置されていた場合は、既にあるものを活用するようにしましょう。

そうは言っても、中には
「天井からテレビまでケーブルを繋ぐのはかなり大変なんじゃないの?」
「部屋の中の配線だけでも難しいのに、家全体の配線をいじるなんて無理!」
と思う方もいると思います。

そんな時は、私たちプロの業者にご相談ください!

分配器や分波器の設置も含めて、アンテナからテレビまでの配線作業を一括で請け負います。

接続作業を終えたあとのテレビ映りや、電波が不足していないかどうかもしっかりと確認いたしますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

画像

この記事のまとめ……分配器の選び方・接続方法をおさらい!

今回は、分配器の接続方法についてご紹介させて頂きました。
この記事を見ながら分配器を接続すれば、きっとスムーズにテレビを視聴できるはずです。

特に注意してほしいポイントは、以下の3つです。

  • 分配器と分波器を間違えないようにする
  • 分配器を選ぶ時は、書かれている情報をよく確認する
  • 分配器を設置するときは、なるべく壁の中に収納する

「分配器の接続って、ちょっと大変そうだな……」と思ったら、私たちみんなのアンテナ工事屋さんにご連絡ください!

あなたが好きな場所で自由にテレビを見れることを祈っています。

アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さんについて
当サイトについて
アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの5,000円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る