台風でアンテナが倒れた!対処法と修理費用が安くすむケースを紹介

アンテナのお悩み対策

台風がアンテナにもたらず被害

「台風のあと、テレビ映りが悪くなった…」
「強風で屋根の上のアンテナが傾いてしまった…」
「屋根上のアンテナが台風で倒れた…。こんなときどうしたらいいの?」

テレビにモザイク状のノイズが入ったり、音声がプツプツ途切れたり…。
「今いいところだったのに…!」とイライラしたり、ストレスがたまってしまいますよね。

こんにちは!
みんなのアンテナ工事屋さんのスタッフ、川村と申します。

台風がやってくる8〜10月には「テレビが映らない!」「画面にエラーコードが出る!」というご相談が増えます。

「台風が来てからなんだかずっとテレビの映りが悪い…」
「画面も音声もプツプツ途切れてイライラする…!」

こんな風に悩んでいる方、とても多いと思います。
屋外に設置されたテレビアンテナは、少しでも向きが変わってしまうと電波が受信できなくなり、テレビ映りが悪くなることがあります。
アンテナの向きがずれたり故障したりすると、次のようなことがよく起こります。

  • すべてのチャンネルが映らない
  • 特定のチャンネルだけ映らない
  • ブロックノイズと呼ばれるモザイクが発生
  • E201 、E202、E203などのエラーコードが表示される

ブロックノイズはこちらのツイートのような状態です。

「このような不調を一刻も早く直したい!」
という方のために、この記事ではテレビとアンテナを元通りにするための方法を3段階にわけて紹介します。

  • 台風でテレビが映らない原因と対処法
  • アンテナを安く修理できるケース
  • 事前にできる台風対策

台風によるアンテナ被害を安く修理できるケースについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事が、テレビの映りが悪くて悩んでいるあなたのお役に立てれば嬉しいです。
それではさっそく見ていきましょう!

「今すぐアンテナをなんとかしてほしい!」という方はコチラへ。
最短30分で駆けつけ、あなたのアンテナとテレビを点検・修理いたします!

画像

私たちはコロナウイルス感染予防に積極的に取り組んでいます。くわしく知りたい方はコチラから!(この記事の下にスクロールします)

台風でテレビが映らない原因と対処法

日本の台風
まずは、台風がき来たあとでテレビの映りが悪くなる4つの原因紹介します。

  1. 電波がさえぎられた
  2. アンテナの向きが変わった
  3. 中継局が電波を出していない
  4. アンテナが倒れた、落下した

それぞれのくわしい状況と、対処法を見ていきましょう。

原因(1)アンテナの向きが変わった

向きが変わった屋根上のアンテナ
1つ目の原因は、アンテナの向きが変わることです。

台風の時は、人間が立つのもやっとなくらいのかなり強い風が吹きますよね。

アンテナを固定している金具やボルトがゆるんでいると、強い風の影響を受けてアンテナの向きが変わってしまうことがあるんです!

アンテナは向きがとても重要。向きが変わると、電波を良好な状態で受信できなくなってしまいます…。

特にBS/CSアンテナは、ほんのわずかずれただけでも映らないことがあるので注意が必要です!

アンテナの向きが変わったら、業者に相談しましょう

アンテナの向きがずれてしまったときは、業者に依頼して向き調整を行ってもらいましょう。とくに屋根上や外壁の高い位置に設置されたアンテナは、転落の危険があり大変ですので、一般の方は触らないようにしてくださいね。

業者に依頼した場合の修理費相場は15,000円〜30,000ほどですが、雨によるサビが広がっていたり、故障が見つかった場合は、部品交換のため50,000円前後かかる場合もあります。
このあとのトピックで修理費が安くなるケースについて紹介しますので、気になる方はぜひ見てみてください!

原因(2)アンテナが倒れた、落下した

屋根上で倒れたアンテナ
2つ目の原因は、アンテナが倒れたり、落下してしまうことです。

屋外に設置されたアンテナは強力なワイヤーや金具で固定されているため、倒れることは滅多にありません。

しかし長年風雨にさらされ、経年劣化が進んだアンテナは、台風をきっかけに倒れてしまうことがあります。
その結果テレビの映りが悪くなったり、ひどいときはまったく映らなくなってしまいます。

倒れたアンテナは放置しないようにしましょう!

ごく稀に「アンテナが倒れているけど、テレビは見れる」というお客さまがいらっしゃいます。

多少見た目が変わっても、電波を拾えているのであれば問題ない…と思う方もいるかもしれませんが、実はこの状態はとても危険です!

たとえテレビが映っていても、屋根の上で倒れているアンテナを放置せず、撤去や修理、交換などの対処をすることをオススメします。
倒れたアンテナをそのままにしておくと、さまざまな二次被害が起こるんです…。

たとえば、屋根の腐食。
倒れたアンテナによって屋根瓦にサビが広がり、大切な家が傷んでしまいます。

また、アンテナは1〜5kgほどの重量があります。
強風でどこかに飛ばされて、人に当たってケガをさせる…なんてことも考えられます。

このような危険がありますので、倒れたアンテナは必ず撤去・修理するようにしましょう!

原因(3)電波がさえぎられた

悪天候
3つ目の原因は、台風時の強い雨によって電波がさえぎられることです。

これは地デジ放送よりも、 BSやCSなどの衛星放送に多く見られます。

本来、通常の雨の強さではテレビ映りに影響が出ることはありませんが、台風になると一気に雨量が増えますよね。
その大雨によって家のアンテナに届く電波がさえぎられ、映りが悪くなることがあります。

このケースは一時的で、台風が通り過ぎれば映るようになることがほとんどです。
そのため「台風が来ている間は調子が悪かったけど、台風が去ったら戻った!」ということもあります。

まずは待ってみましょう

台風が過ぎ去っていない状態でテレビ映りが悪くなったら、まずは待つのが鉄則です。強い雨風の中外に出るのは大変危険ですので、屋外のテレビアンテナがどうなっているか確認するのは台風が過ぎ去ってからにしてください。

どうしても特定の番組が映らないときは放送局に電話することになりますが、それも台風が過ぎて1〜2日待ってからの連絡をオススメします!

原因(4)中継局が電波を出していない

山と電波塔
4つ目の原因は、各家庭に電波を送る中継局がそもそも機能していないというものです。

台風がくると停電になることがありますよね。
停電が起きたときは、中継局も各家庭に電波を送れなくなってしまうんです。

テレビの不調が起きているのが自分の家だけでなく、近所の人もテレビが映らない場合には、中継局の停止が考えられます。

まずは復旧を待ってみて、どうしても放送が回復しなければ、放送局のホームページを検索して問い合わせるてみてくださいね。

集合住宅の場合は、大家さんか管理会社に相談を!

マンションやアパートに住んでいて、自分だけでなく周りの人もテレビが映らない…。このようなときは、建物の共同のアンテナが故障している可能性があります。

共同アンテナに不具合があると、そのアンテナから電波を受信しているすべての家庭に不具合が生じます。

そのため、共同アンテナで電波を受信していて「台風後にテレビの調子が悪いぞ?」という場合は、まず大家さんや管理会社に連絡をとってみてください!

「テレビの不調が本当に台風のせいなのかわからない…」
「台風が過ぎたあとにアンテナを確認してみたけど、傾いたり倒れたりしていなかった…」

そんなときは、単にテレビの不調が原因で映りが悪くなっているのかもしれません。

業者や管理会社に連絡する前に、テレビ映りが悪くなったときの対処法を試してみましょう!
深刻な故障でなければ、カンタンな対処で映りが回復する可能性があります。

テレビ映りが悪くなったときに自力でできる対処法

ここで試してほしいのは、次の4つの方法です。

  1. テレビのリセット
  2. チャンネルの再設定
  3. ケーブルの再接続
  4. B-CASカードを入れ直す

もしもこれらの方法で症状が改善した場合は、アンテナの修理が必要なくなるかもしれません!
どれも今すぐできるカンタンな方法ですので、一緒に方法を見ていきましょう。

対処法(1)テレビのリセット

テレビの故障を確認する手
まず最初に試してみてほしいのが、テレビの再起動です。
普段あまり意識しませんが、テレビもリセットする方法があるんです。

再起動の手順はこちら。

  1. テレビ本体の電源を切る
  2. 電源プラグをコンセントから抜く
  3. 1分ほど待つ
  4. 電源プラグをコンセントにさす
  5. 電源を入れる

いかがでしょうか?
これで映りが回復するようでしたら、アンテナとテレビの接続が一時的に悪くなっていただけと考えて大丈夫です。

再起動の手順はお使いのテレビによって異なります。
くわしく知りたい方は、お使いのテレビの取扱説明書を見てみてくださいね!

続いて、チャンネルの再設定について。

対処法(2)チャンネルの再設定

テレビとリモコン
次はチャンネルの再設定を試してみてください。

台風のせいでテレビ映りが悪くなったり、1部の番組が映らなくても、設定画面は開けることが多いんです。

お手持ちのリモコンの「メニュー」もしくは「ホーム」ボタンから地デジ・BSのチャンネルを再取得してみましょう。

この操作手順は、使用しているテレビによって異なります。
くわしい手順は、お手持ちの説明書を確認してみてくださいね。

対処法(3)ケーブルの再接続

テレビ端子からプラグを抜く手
次は、部屋のアンテナ端子とテレビをつなぐケーブルを再接続してみましょう。
テレビと一緒にBDレコーダーやゲーム機をつないでいる方は、それも一旦はずしてみてください。

このとき、プラグの先が折れたり曲がったりしていないかも調べてみましょう。
もしプラグが壊れていた場合は、交換が必要です。

アンテナケーブルは、ホームセンターや家電量販店のほか、amazonなどのネットショップでも購入できます。
ネットで検索したい方は、コチラを見てみてくださいね(amazonの商品一覧ページが開きます)

はずしたケーブルを確認したら、抜けや緩みのないようにしっかりと締めてください。
テレビの電源を入れて、もし映りが直っているようなら、ケーブルの接続が原因だったことになります。

対処法(4)B-CASカードを入れ直す

テレビに差し込まれたB-CASカード
最後に、B-CASカードを入れ直してみてください。

B-CASカードとは、テレビを購入したときについてくるICカードのことで、各放送番組の著作権保護、有料放送、自動表示メッセージ、データ放送の双方向サービスなどに利用されています。

テレビの背面に差し込み口があると思いますので、電源を切った状態でカードを取り出してみてください。

カードが折れていたり、ICチップが傷んでいる場合は、B-CASホームページからカードの再発行手続きを行いましょう。

カードに問題がなければ、しっかりと差し込み直してください。
もう1度テレビを点けてみて、映りに問題がなければ作業は完了です。

色々試したけど映らない!そんな時は?

テレビが映らなくて困る夫婦
「上で紹介された方法を試したけれど、テレビ映りが直らなかった…。」

そんなときはアンテナ本体の問題が深刻である可能性が高いです!

アンテナが倒れたり折れていないか、プロの業者に点検してもらいましょう。
このとき屋根上や外壁の高い位置などの高所作業は大変危険ですので、自力で対処するのは絶対にやめてくださいね!

仮にアンテナが原因ではない場合でも、プロの業者が原因を見つけて適切に対処してくれます。
「とにかく早くストレスがない状態でテレビが見たい!」という場合は、アンテナ工事業者に依頼してください。

画像

新型コロナウイルス対策を行っている業者に依頼しよう!

マスクをつけて窓を眺める女性
いまアンテナ工事を依頼するなら、世間を騒がせている新型コロナウイルスの感染予防にも積極的に取り組んでいる業者がオススメです。

「早くアンテナ工事をお願いしたいけど……いま業者を家に呼んで、健康面は大丈夫なのかな?」と心配している方も多いですよね。

大丈夫です、ご安心ください!
私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、健康への配慮もバッチリです。

毎日の体温測定・手洗い・うがいを徹底した熟練スタッフがお伺いし、速やかにあなたの家のアンテナを点検・修理いたします。

電波調査中は作業員は外にいて、お客様は自宅の中でお待ちいただく形になります。
ベランダの窓なども閉めてから調査をおこないますので、「3密」の状態になることはありません!

新型コロナウイルス対策予防

衛生・健康に配慮した工事をご希望の方は、私たちみんなのアンテナ工事屋さんにお気軽にご相談ください!

▼24時間対応のお電話はこちら
0120-769-164

▼翌営業日までにお返事するメールフォームはこちら
お問い合わせフォーム

次のトピックでは、台風によるアンテナ被害の修理費を安く済むケースを紹介します!

台風後のアンテナ修理費を安く済む3つのケース

電卓を指差す男性

「業者に頼んだほうがいいのかもしれないけど、お金がかかるイメージがあるなぁ」

アンテナの修理や交換にかかる費用は、決して安くありません。
お客様の状況にもよりますが、撤去だけで15,000円〜20,000円、修理なら15,000円〜30,000円
アンテナ本体をまるごと交換する場合は50,000円を超えることもザラです。

「え、こんなにかかるの?」と思う方がほとんどだと思いますが、ご安心ください!

実は修理や交換工事の費用を安く抑える方法があるんです。
ここからは、台風で被害を受けたアンテナの修理・交換費用が安く済むケースを3つ紹介していきます!

アンテナ工事にかかる費用の内訳についてもっと詳しく知りたい方は、「アンテナ工事の費用はいくら?損しないための基礎知識を紹介!」をご覧ください!

ケース1:火災保険を利用できる

水色のブタの貯金箱
「火災保険って火災の時しか使えないんじゃないの?」

火災保険の中には、風災補償というものが含まれています。

台風などの風による自然災害でアンテナや建物が被害を受けた場合、火災保険を使って安く修理ができる可能性があるんです!

しかし、注意していただきたいのが、経年劣化によりアンテナが倒れたケース。

たとえば、アンテナを設置してからかなりの年数がたっていて、サビ付いたり劣化が進んで倒れてしまったという場合です。

この場合は台風による被害と認められず、補償対象外になるケースが多いです。

しかしどこまで補償の対象になるかの判断は個人では難しいので、「う〜ん…私の場合はどうなんだろう…?」という方は、アンテナをよく知るプロに相談してみましょう。

また、火災保険は大きく次の2種類があります。

  • フランチャイズ方式
  • 免責方式

フランチャイズ方式は、損害額が20万円を超えた場合は全額支払われますが、20万円に満たない場合は1円も支払われないという方式です。

アンテナの修理、交換だけで20万円以上かかることはあまりないので、恐ろしいですよね…。

免責方式とは自分で負担する免責額を設定するというものです。

つまり 損害額ー免責額(自己負担額)=火災保険がおりる金額 ということです。

火災保険についてもっと詳しく知りたい方はこちら(当サイトの別の記事が開きます)

「20万円いかないかも…」という人でもアンテナが倒れたことで瓦や窓ガラスに被害があった場合、その修理費用が台風による損害額に含まれることも。

しかし、保険会社によって保険がおりる条件が異なることもあります。

まずはご自分の入っている保険と、保険がおりる条件を保険会社に問い合わせてみてくださいね!

みんなのアンテナ工事屋さんでは、修理や交換をするだけでなく、保険の手続きに必要な書類の用意も行います。

「火災保険を使って工事をお願いしたいけど、どうしたらいいか分からない!」

という方は、みんなのアンテナ工事屋さんにお気軽にご相談くださいね!

ケース2:倒れたアンテナを再利用できる

屋根上でパラボラアンテナを固定する男性
こちらのツイートをご覧ください。

このように、アンテナが折れたりサビて劣化していなければ、アンテナが本体がそのまま利用できることもあります。

この場合は、新しい取付金具での立て直しになるので、アンテナの撤去+新規設置に比べると安くすむことも。

しかし、アンテナは数ヶ月使用しただけでサビ付いてしまいます。

また、アンテナは少しゆがんだだけでも電波が受信しづらくなってしまうんです…。

長期的な目で見ると、新しいものに交換したほうがおトクになるケースも。

倒れてしまったアンテナが再利用できるかどうかの判断は、ご自分では難しいです。

そのため、まずはアンテナ専門のプロに見てもらうのがオススメです!

私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、豊富な知識と経験から皆さんにピッタリの工事プランをご提案します。

お見積りも無料なので、ぜひお気軽にご相談くださいね!

ケース3:アンテナの方向調整だけで済んだ

BSCSアンテナとりつけ
台風後にテレビが映りづらい原因の1つに、アンテナの向きが変わるというものがありましたよね。

そのため、アンテナの向きを調整するだけでテレビの映りがよくなるケースもあります!

特にBS/CSアンテナは110度と角度が決まっています。


こちらのツイートのように、少しずれただけでも映らなくなってしまうんですよね。

アンテナの方向調整はかなり繊細な作業ですし、落下する危険もあります。
そのためご自分で方向調整をするのはオススメできません。

「とにかく早く見たい!」「自分でやるのは大変そうだ…」という方は、アンテナのプロにお願いすることをオススメします。

私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、方向調整などの修理作業もお手頃価格で行っています!

ただ、アンテナの種類や設置場所によっては料金が前後する可能性があります。

そのため、お見積りをしないことには正確なお値段はお伝えできないんです。

私たちにご相談してくれれば、無料でお見積りします。

みんなのアンテナ工事屋さんまで、お気軽にご相談ください。

事前にできる台風対策4つ

壊れた屋根

「毎年毎年、台風の被害にあうのはイヤだなあ」
「事前にできる対策ってなにかあるの?」

台風のニュースを見るたびに、「我が家のアンテナ大丈夫かな…?」と不安になるのは今年で最後にしたいですよね。

そこで、ここではアンテナが台風被害にあわないための対策を4つ紹介します!

  1. デザインアンテナに切り替える
  2. アンテナを室内に設置する
  3. 定期的にアンテナを点検する
  4. 光回線・ケーブルテレビに切り替える

それぞれどういうことか、1つずつみていきましょう!

対策1:デザインアンテナに切り替える

デザインアンテナ4つのカラー
1つ目の対策は、デザインアンテナや室内に設置できるアンテナに切り替えることで、台風の影響を受けににくするという方法です。

デザインアンテナとは、家の壁面にも設置できるコンパクトなアンテナのこと。
別名「平面アンテナ」「フラットアンテナ」とも呼ばれます。

デザインアンテナは壁に設置することがほとんどなので、風の影響を受けにくく、向きもズレにくいです。
まさに、台風被害に強いアンテナです!

対策2:アンテナを室内に設置する

窓際に置かれた室内アンテナ
「え? アンテナって外に設置するものじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は室内に設置できるケースもあるんです!

室内にアンテナを設置する方法は2つあります。

  • 室内アンテナを利用する
  • 屋根裏にアンテナを設置する

室内アンテナとは、名前の通り室内に設置するとても小型なアンテナです。
取り付けもとても簡単です!

また、地デジを見る際に必要な八木式アンテナは、屋根裏に設置することもできます。
このように室内にアンテナを設置すれば、風で倒れたり飛んでいってしまう心配も不要ですよね!

デザインアンテナと室内アンテナのデメリット

オシャレなデザインアンテナや、室内に設置できるアンテナはとても魅力的ですが、実はデメリットもあるんです。上記のアンテナは、屋根上に設置されるアンテナよりも受信する電波が弱く、地域によってはテレビ映りが悪くなることもあるんです…。

とくに小型の室内アンテナは、アンテナの中でも受信する電波がもっとも弱いです。

そのため、電波が弱い地域に住んでいる方には不向きなんですよね。

またデザインアンテナや、屋根裏に八木式アンテナを設置する場合も次のようなポイントで設置が難しくなることがあります。

  • 電波を発信している中継局の向きと壁面のかねあい
  • 屋根の形状

「台風被害にあわないために新しいアンテナを買ったのに映らない!」なんてことにならないためにも、新しく設置する際はぜひ私たちみんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください。

「アンテナの種類についてもう少し詳しく知りたい!」という方は、「工事の前に知っておきたい!アンテナの種類」をチェックしてみてくださいね!

対策3:定期的にアンテナをチェックする

アンテナの部品を取り替えるスタッフ
あなたのお家のアンテナは設置してからどのくらいたっているでしょうか?

もし設置してから10年たっているときは、知識や経験が豊富なアンテナ専門業者に点検してもらうのがオススメです!

というのも、アンテナの寿命は約10〜15年。

年数がたっているとアンテナ本体や、アンテナを支える取り付け金具が劣化し、台風の影響を受けやすくなってしまうんです!

適切な位置にしっかり固定すれば、台風の被害にあう可能性は少なくなります。

寿命を迎えるその前に点検や交換をしてもらい、台風の被害にそなえましょう!

対策4:ケーブルテレビ・光回線のテレビに切り替える

フレッツ光のキャラクター
ケーブルテレビや光回線のテレビのような、アンテナがいらない方法でテレビを見るというのも1つの方法です。

しかし注意したいのが、費用面です。
ケーブルテレビや光回線のテレビの場合、初期費用は少なめですが、月額の使用料がかかります。

アンテナの場合、設置費用はかかりますが、設置してしまえばテレビの台数が増えてもその後の費用は必要ありません。

アンテナの寿命は約10〜15年なので、長期的に見るとアンテナを設置したほうがおトクな場合も。

それぞれのメリット、デメリットを比較して自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしてくださいね。

以上、事前にできる台風対策でした。
あなたのお家で実践できそうなものはありましたか?

来年の台風までに、テレビの視聴環境を万全に整えておいてくださいね!

この記事のまとめ

見積もりを提案するスタッフ
この記事では、
「台風がきてからテレビの映りが悪い!」
「台風でテレビアンテナが倒れたかも…?」
という方のために、次のような内容を紹介してきました。

  • 台風でテレビが映らない原因と対処法
  • テレビアンテナの修理が安くすむケース
  • 台風被害にあわないための対策

まずはアンテナレベルがどんな状態にあるかを確認し、お伝えしたとおりに対処してみましょう。

「それでも映らない!」という場合は、アンテナが折れたり、向きが変わっている可能性があります。
ぜひプロの業者に相談して、テレビ映りを元の状態に戻してもらってくださいね!

台風の後は、業者に問い合わせが殺到するためかなり待たされてしまうことがあります。
しかし私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、最短30分で皆さまのもとに駆けつけます!

「アンテナ倒れたけど、立て直しだけですまないかな?」
「とりあえず費用がどれくらいかかるかだけでも知りたい!」
など、どんなお悩みでも構いません。

お見積りも、電話やメールでのお見積り後のキャンセルも無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから。

☎:0120-769-164(24時間 365日対応中です。)

✉:お問い合わせフォーム(24時間以内にご連絡いたします!)

この記事を読んだみなさんが、台風や映りの悪さを気にすることなくテレビを楽しめるように願っています。

アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さんについて
当サイトについて
アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの15,000円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る