テレビアンテナは新築にオススメ?光、ケーブルとの違いを徹底解説!

アンテナのお悩み対策

新築を楽しみにする女性

「新築でテレビを見たいけど、いったいどうしたらいか分からない!」
「テレビアンテナ、光、ケーブル…。新築の場合はどれを選んだらいいの?」

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

やっと手に入れた憧れの新築。ワクワクが止まらないですよね!

しかし、新築へ引っ越すためには、やるべき手続きや工事がたくさんありますよね。

例えばテレビ。 新築にはテレビアンテナがついていないため、自分でテレビを見る方法を選択する必要があります。

しかし、「新築にテレビアンテナがないことを知らなかった…!」という方は意外と多いんです。

新築に引っ越すとなると、いろいろな手続きや準備でかなり忙しいと思います。

そのため、 「ハウスメーカーに言われるがまま選んだけど、なんだか損をしている気がする…。」 なんてことにもなりかねません。

しかし、せっかくの新築。 後悔したり損しないためにも、どの方法でテレビを見るか納得して決めたいですよね!

というわけでこの記事では、「新築に引っ越すけど、どの方法でテレビを見たらいいんだろう?」と悩むあなたのために、みんなのアンテナ工事屋さんスタッフの川村が次のことをお伝えします。

  • 新築でテレビを見るオススメの方法
  • 3つの方法のメリット・デメリット・向いている人
  • 方法別の工事完了までの流れ

この記事が、新築でテレビを見るあなたにとってベストな方法を見つけるお役にたてたら嬉しいです!

それではまいりましょう。

アンテナ・光回線・ケーブル…オススメの方法はどれ?

3つの選択肢と虫眼鏡

新築でテレビを見る方法は次の3つです。

  • テレビアンテナ
  • 光回線
  • ケーブルテレビ

結論からいうと、新築であれば断然テレビアンテナがオススメです!

なぜなら長い目で見ると、アンテナはトータルコストが最も安くすむからです。 アンテナは他の方法と違い、一度設置してしまえば月額料金がかかりません。

さらに、お客様の状況にもよりますが、アンテナの寿命は約10〜15年

新築にお引越しされる方は、10年以上そのお家とともに過ごしますよね。

そのためコスト面を考えると、新築にはテレビアンテナを設置したほうがお得になるというわけなんです。

とはいえ、どの方法が向いているかはお客様1人1人によって変わることも。

例えば、次のようなものでオススメする方法は変わってきます。

  • 見たい番組
  • 住んでいる地域の電波状況
  • インターネット回線・電話回線契約へのこだわり

せっかく買った新築だからこそ、ご自分で納得して視聴方法を選んでほしい…!

川村はそんな風に思っております。

そこで!

ご自分に合った方法を選んでいただくために、アンテナ・光回線・ケーブルテレビの3つのメリットやデメリットを徹底解説していきます!

手っ取り早く知りたい方のために、こちらの表をご用意しました。

テレビアンテナ 光回線 ケーブルテレビ
コスト
初期費用のみ
※修理・点検費用がかかることがあります。

初期費用+月額費用
※テレビの台数分の月額費用がかかることもあります。

初期費用+月額費用
※テレビの台数分の月額費用がかかることもあります。
チャンネル数
ネット・電話回線契約の自由度
天気・災害の影響の受けにくさ
依頼〜工事完了
までの期間の短さ
向いている人 ・コストと導入までのスピードを重視
・有料チャンネルをあまり見ない
・ネットや電話もまとめて契約したい
・高速のネット回線を使いたい
・ネットや電話もまとめて契約したい
・専門チャンネルを見たい

それでは、次の見出しから3つの方法を詳しく解説していきます!

長く住むならコスパ良し!テレビアンテナ

屋根上のアンテナ

テレビを見る最もメジャーな方法が、テレビアンテナの設置です。

しかし、ひとくちに「テレビアンテナ」といってもその種類や特徴はさまざま。

というわけで、テレビアンテナの種類と見れる番組、おもな設置場所を表にまとめました!

種類 見た目の特徴 見れる番組 おもな設置場所
八木式アンテナ 魚の骨のような形 地上デジタル放送 屋根上
屋根裏
など
デザインアンテナ 四角い箱のような形 地上デジタル放送 外壁
屋根裏
など
室内アンテナ 四角い箱のような形
スタンドがついている
地上デジタル放送 家の中
パラボラアンテナ 白くて丸いお皿のような形 BS/CS放送 屋根上
ベランダ
など

ここでは、次の3つについて紹介していきます!

  • アンテナ設置のメリット
  • アンテナ設置のデメリット
  • アンテナ設置がオススメな人

アンテナ設置のメリットは?

アンテナ設置のメリット4つ

まずはアンテナを設置してテレビを見るメリットを見ていきましょう!

アンテナ設置のメリットは次の4つです。

  • トータルコストが最も安い
  • プラン変更などの余計な手間がない
  • 自分の好きな電話・インターネット回線と個別に契約できる
  • 依頼〜工事完了までの時間が短い
トータルコストが最も安い

アンテナ設置の最大のメリットは、なんといってもこれ!

アンテナは初期費用がかかりますが、一度設置してしまえば有料チャンネルやNHK受信料以外の月額料金はかかりません。

そのため、アンテナをなが〜く使えば使うほどお得になるんです。

また、アンテナさえあればテレビを何台設置しても追加料金がかからないのも嬉しいポイントです。 (※周辺機器の設置が必要になり、追加で料金が発生することもあります。)

プラン変更などの余計な手間がない

アンテナを設置してテレビを見る場合は、光回線のテレビやケーブルテレビと違って複雑なプランを選んだり変更したりする必要はありません

BSの一部、スカパーなどの有料チャンネルが見たい時は個別に契約すればOKです。

自分の好きな電話・インターネット回線と契約できる

アンテナ設置の場合は、光回線やケーブルテレビと違い、電話やインターネットの契約に縛られることはありません。

そのため、インターネットや電話を自分の好きな業者にお願いできます。

「他社の魅力的なサービスやプランに乗りかえたい!」というときでも、テレビのことを気にせずにすみますよ◎

依頼〜工事完了までの時間が短い

アンテナの場合、最短1日で見積もりから工事までが完了することも。 しかし、お客様のお家の状況によっては日数がかかることもあります。

お急ぎの方は、電話で問い合わせるのがオススメです!

私たちみんなのアンテナ工事屋さんでも、無料の電話相談を受け付けています。

「引っ越しの前にテレビが見れる環境を整えたい!」
「引っ越し先でテレビが見れなくてツラい…。」

という方は、お気軽に私たちにご相談ください!

0120-769-164

アンテナ設置のデメリットとは?

アンテナ設置のデメリット5つ

続いては、アンテナ設置のデメリットについてです。 アンテナ設置には次のようなデメリットがあります。

  • 初期費用が高い
  • 映りが安定しないことがある
  • 台風などの災害の影響を受けやすい
  • 建物が痛むことがある
  • 景観を損ねる

詳しく見ていきましょう。

初期費用が高い

長期的に見ればお得なアンテナ設置ですが、初期費用が高いのが難点です。

八木式アンテナとパラボラアンテナを新しく設置する場合の費用は、約35,000円〜です。 (※追加で高所作業費や、ブースターなどの周辺機器の設置費用がかかることがあります。)

しかし、一度設置すれば10年ちかく持つのがアンテナのいいところです。

せっかく高い費用を払って設置するのであれば、技術や経験が豊富で、保証期間が長い業者を選びましょう。

ちなみに私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、安心の8年保証になっています。
(※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保証対象外となります。)

「アンテナの工事費用についてもっと詳しく知りたい!」という方は、こちらの記事も見てみてくださいね。

「アンテナ工事の費用はいくら?損しないための基礎知識を紹介!」

映りが安定しない

アンテナは次の要因によって、テレビ映りが悪くなることがあります。

  • 周囲の建物、山などの障害物
  • 悪天候

新築のお家の周りに電波を遮断するような高い建物がある場合は、特に注意です。 しかしブースターなど周辺機器の設置で映りが改善することもあるので、まずはアンテナの専門業者に相談してみましょう。

台風など災害の影響を受けやすい

アンテナは屋外に設置することがほとんどのため、どうしても災害の影響を受けやすいです。

そのため、「台風でアンテナが倒れてしまった!」という事例もよくあります。

建物が痛むことも(屋根、外壁)
  • アンテナを設置して何十年も放置している
  • 設置の仕方・防水処理の仕方があまかった

このような場合、アンテナや設置している外壁、屋根などがサビたり腐食することがあります。

しかし、定期的に点検をしたり、確かな技術力のある業者にお願いすれば心配はいりませんよ。

景観を損ねる

八木式アンテナとデザインアンテナアンテナ

お客様から「せっかくこだわった屋根に八木式アンテナを設置するのはちょっと…」

といったご相談をいただくこともあります。

一番電波が強いのが八木式アンテナですが、見栄えがいいとは言えません…。

そういった方には、デザインアンテナや屋根裏設置をオススメすることもあります。

しかし、お住まいの地域の電波状況によってはデザインアンテナや屋根裏設置が難しいことも…。

私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、お客様のご要望も伺いながらできるだけ費用の負担が少なくなるようなプランをご提案します。

お電話やメールでのご相談は無料ですので、ぜひ一度みんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください!

新築に人気!のデザインアンテナ

新築のお客様から多くのご要望をいただくのが、デザインアンテナです。

  • スタイリッシュな見た目
  • カラーバリエーションが豊富
  • 台風などの災害に強い

などが人気の秘密です。

しかし、お住まいの地域の電波状況、お家と電波塔の角度によっては設置が難しいこともあります。

「自慢の新築にはスッキリした見た目のデザインアンテナがいい!」という方は、ぜひ私たちにご相談くださいね。

アンテナ設置はこんな人にオススメ!

上記のメリット、デメリットをふまえると、アンテナ設置は次のような方にオススメです!

  • 低コストでテレビを楽しみたい
  • 地デジの民放番組だけ見れればOK!
  • 有料放送にあまり興味がない、特定の有料放送だけ見たい
  • 複数の料金プランを比較・検討するのが面倒
  • インターネットや電話回線は、お得なものに常に乗りかえたい
  • いろいろな部屋でテレビを見たい(テレビの設置台数が多い)

アンテナは即日工事OKな業者もあるので、「私の暮らしにはテレビが必須なのに、引っ越しまでもう時間がない(泣)」という方にもオススメです。

一方、こんな方にはアンテナ設置は不向きかもしれません。

  • 台風などの自然災害が多発する地域に住んでいる
  • アンテナで家の景観を損ねたくない
  • 有料放送や専門チャンネルをたくさん見たい
  • 新築に絶対穴を空けたくない
  • 周りに高い建物が多い

お客様のお家の状況によっては、アンテナの屋根裏設置も可能です!

「オススメな人の条件に1つでもあてはまった!」という方は、ぜひみんなのアンテナ工事屋さんにご相談くださいね。

高速のネット回線が魅力!光回線

光回線

続いては、インターネットの光回線を利用してテレビを見る方法です。

よく聞く「フレッツ・テレビ」「ひかりTV」などがこのサービスにあたります。 それでは光回線でテレビを見る場合のメリット、デメリットなどを見ていきましょう!

光回線でテレビを見るメリットは?

光回線で見るメリット3つ

光回線でテレビを見る方法には、次のようなメリットがあります。

  • 映りが安定している
  • インターネットや電話もまとめて契約&工事できる
  • インターネット回線の速度が早い

1つずつ詳しく見ていきましょう!

映りが安定している

光回線で電波を受信すれば、アンテナの設置は不要になります。

そのため、周りの建物や天候に左右されにくく、比較的安定した映りでテレビを楽しむことができます。

インターネットや電話もまとめて契約&工事できる

ネット回線、テレビ、電話をまとめて契約すると割引になるケースも。

また住んでいる地域や使っている携帯電話によって、お得になる光回線も変わってきます。

お得になるチャンスを逃さないためにも、契約する前によく確認しましょう!

インターネット回線の速度が早い

ケーブルテレビでもインターネット回線と同時に契約ができます。 しかし、光回線はケーブルテレビよりもインターネット回線の速度が早いのが魅力です!

光回線でテレビを見るデメリットは?

光回線のデメリット5つ

光回線を使ってテレビを見るデメリットとして次のようなものがあげられます。

  • トータルコストが高い
  • 契約プランの選択が難しい
  • 他社のプラン・サービスへの乗り換えが難しい
  • 対応エリア外になることがある
  • 申し込み〜工事完了までに時間がかかることがある
トータルコストが高い

光回線のテレビでは、初期費用の他に月額料金がかかることが多いです。

また、契約する会社やプランによっては、テレビの設置台数分の月額料金が必要になることも。

一見大した金額には見えなくても、長い目で見るとアンテナの設置をしたほうが結果的にお得になるケースもあります…!

複数台テレビを設置したい方は、プランの概要をよく確認しましょう。

他社のプラン・サービスへの乗り換えが難しい

他社に魅力的なプランやサービスがあったとしても、すぐに乗り換えられないのが光回線の大きなデメリットです。

光回線の場合、インターネット回線とテレビサービスは完全にセットなことが多いです。

そのため、インターネット回線を解約するとテレビも自動的に解約になり、テレビが見れなくなってしまいます。

またプランによっては解約金が必要なことも…。 契約する際に、解約に関する情報にもきちんと目を通しておきましょう。

契約プランの選択が難しい

光回線には、たくさんの料金プランがあります。

自分の使用状況に合わせてプランを選択できるのが魅力の1つではありますが、適切な選択ができないと損してしまう可能性が。

光回線のテレビを選ぶ場合は、「無料の番組だけでいいのか?」「有料チャンネルも見たいのか?」などを家族としっかり話し合いましょう!

対応エリア外

「この光回線の会社にお願いしよう!」と思っても、新築のお家が対応エリアから外れていることもあります。

また、インターネット回線は導入できても、テレビのサービスだけ対応していないという場合も…。

そうならないためにも、公式HPで対応エリアを確認したり、電話などで早めに問い合わせるようにしましょう。

申し込み〜工事完了までに時間がかかることがある

光回線の契約には、光回線の会社とは別にプロバイダとの契約が必要になります。

「プロバイダって…?」

プロバイダとは、光回線をインターネットにつなげる事業者のことです。

このプロバイダとの契約も含めると、申し込んでから工事完了までに1ヶ月以上かかるなんてことも…。

工事が集中していると、さらに待たされる可能性もあります。

そのため、光回線の導入を考えている場合は早めに申し込むようにしましょう。

光回線はこんな人にオススメ!

光回線はこのような方にオススメです!

  • 高速のインターネット回線が生活に必須
  • 地デジが見れればOK!
  • 有料放送にあまり興味がない、特定の有料チャンネルだけが見たい
  • 携帯料金がお得になるチャンスを見逃したくない
  • テレビも電話もインターネットもまとめて工事をしたい
  • テレビ、電話、インターネットの料金をまとめて支払いたい

逆に次のような方は、光回線でテレビを見るのはあまり向かないかもしれません…。

  • インターネットをあまり使わない
  • テレビサービスだけを必要としている
  • 毎月の固定費を削減したい!
  • 安いプラン・サービスがあればすぐにでも乗りかえたい
  • 自分にとって最適なプランを選んだり考えるのが面倒
  • 複数の部屋・台数でテレビが見たい
  • 引っ越しまで時間がない人

いかがでしたか?

ぜひご自分の状況と照らしあわせてみてくださいね!

多くのチャンネルが楽しめる!ケーブルテレビ

たくさんのチャンネルが表示されたテレビ
ケーブルテレビとは、大型アンテナなどの設備で受信した電波をケーブルを使って各家庭に届ける方法です。

ここではケーブルテレビのメリット、デメリット、ケーブルテレビ視聴がオススメの方をご紹介していきます!

ケーブルテレビのメリットは?

ケーブルテレビのメリット3つ

ケーブルテレビのメリットは大きく次の3つです。

  • チャンネル数が多い
  • 電話・インターネットも一緒に接続できる場合が多い
  • 映りが安定している

さらに詳しくみていきましょう!

チャンネル数が多い

ケーブルテレビは、音楽、スポーツ、映画、ドラマなどの専門チャンネルのラインナップが豊富です。

プランによっては100ちかくのチャンネルを楽しむことができます!

また、ケーブルテレビはコミュニティ放送というサービスがあります。

これは、自主放送を行うケーブルテレビ事業者が制作・提供している放送サービです。

このコミュニティ放送では、地域に根ざした幅広い情報が発信されています。 防災や災害に関する情報なども発信されているので、東日本大震災以降、再注目されているようですよ。

インターネットや電話もまとめて契約&工事できる

ケーブルテレビでも光回線と同様、インターネットや電話と同時に契約や工事を行えることが多いです。

まとめて契約や工事を行うことで、支払いの管理も楽になりますよね。

さらに、同時に契約することで料金がお得になるプランが用意されていることもメリットの1つです。

映りが安定

ケーブルで有線接続をしてテレビを受信しているため、アンテナの設置が不要になります。

受信電波が天候や周辺環境に左右されにくいので、安定してテレビ視聴ができるようになります。

ケーブルテレビのデメリットは?

ケーブルテレビのデメリット4つ

ケーブルテレビのデメリットは、次のようなものがあげられます。

  • トータルコストが高い
  • インターネット回線が遅いケースが多い
  • 他社のプラン・サービスへの乗りかえが難しい
  • 契約プランの選択が難しい
トータルコストが高い

ケーブルテレビも光回線と同じで、初期費用+月額料金がかかります。

さらに、設置するテレビの台数分の月額料金が必要になることもあるので、事前の確認が必須です!

インターネット回線が遅いケースが多い

ケーブルテレビは、光回線と比べてインターネット回線が遅いと言われています。

テレビを見るのに直接的な影響は少ないですが、動画を見たり容量の大きいデータを送ったりする際には不便を感じるかもしれません…。

他社のプラン・サービスへの乗り換えが難しい

他社の魅力的なプラン・サービスがあったとしても、光回線と同じようにすぐに乗りかえるのは難しいのがケーブルテレビのデメリットです。

「有料チャンネルを見なくなったから解約したい!」
と思っても、契約している会社やプランによっては解約金がかかることもあります…。

ケーブルテレビ会社によってはテレビだけの契約がOKな場合もあります。

契約する際には、プランや解約の条件なども細かくチェックするようにしましょう!

契約プランの選択が難しい

ケーブルテレビもプランが豊富です。

自分の見たい番組に合わせたプランを選ばないと、損してしまう可能性があります…。

自分の見たい番組やテレビを見る頻度をしっかり見極めてから契約しましょう!

ケーブルテレビはこんな人にオススメ!

ケーブルテレビは次のような人にオススメです!

  • 有料放送は生活にマスト!今後もやめる予定がない
  • インターネットをあまり使わない
  • インターネットを使うが、速度にそこまでこだわりがない
  • テレビ、電話、ネットの料金をまとめて支払いたい

一方、このような方にはケーブルテレビはあまりオススメできません

  • 有料チャンネル、専門チャンネルにあまり興味がない
  • 最低限の地デジ民放番組を見れればよい
  • テレビを見る頻度が少ない
  • 動画サービスをよく利用する
  • 遅いインターネット回線にストレスを感じる!

「絶対にアンテナを立てたくない!」という方は、光回線かケーブルテレビのどちらかの方法を選ぶことになります。

それぞれのメリット、デメリットを比べて自分にあう方法を選んでくださいね。

方法は決まった!いつ、どこにお願いするがベスト?

パソコンを見て悩む男性

ここまでで、アンテナ・光回線・ケーブルテレビの3つの方法を詳しく比較してきましたがいかがでしたか?

「方法は決まったけど、いつどこにお願いすればいいかわからない!」

こんな風に考えている方も多いと思います。

納得できる方法には出会えたら次に考えるべきは、実際に依頼するときのこと。

ということで、この見出しでは次の2つについて紹介していきます!

  • 工事をお願いするベストタイミング
  • 方法別の工事完了までの流れ

ベストタイミングは引越し前!

新築でテレビを見るための工事をしてもらうベストタイミングは、家の引き渡しから引越しまでの間です!

その理由は次の4つです。

  • 建売・分譲住宅の場合、引き渡し前までは自分のものではない
  • 注文住宅であっても、建築中は足場があったりで現場の調査が難しい
  • 光回線の場合、電気が開通してからでないと工事が行えない
  • 引越し後の荷物が片付いていない状態で工事を行うと、作業にも支障がでる

引っ越し直前になると、引っ越しの準備や諸々の手続きで忙しくなります。

そうなると、ついついテレビのことが後回しになってしまいがちですよね。

しかし、引っ越しで落ち着かない心を癒してくれるのがテレビです。 また、「引越し後の片付いていない部屋を業者に見られたくない!」という方もいるかと思います。

そうならないためにも、視聴方法が決まったら早めに工事をしてくれる場所に相談し、引越し前に工事を完了したい旨を伝えましょう!

特にケーブルテレビや光回線のテレビは工事完了までに時間がかかることもあるので、要注意です。

【方法別!】工事完了までの流れ

最後に実際に工事をお願いするときの、工事完了までの流れをテレビの視聴方法別に紹介します!

アンテナでテレビを見るとき

アンテナを設置してテレビを見るときの流れは次のとおりです。

1電話・メールでのお問い合わせ

2現地調査・見積もりの作成

3契約内容を確認したのち、工事開始

4工事完了

 

実はアンテナ設置を依頼できる場所は色々あります。
例えばこちらです。

  • ハウスメーカー
  • 家電量販店
  • 町の電器屋さん
  • ホームセンター

注文住宅の場合、配線を事前に考えておけば、壁内配線などもできて見た目がスッキリするため、ハウスメーカーに相談するのも手です。

しかし、実際に工事をするのは下請けの業者。 その分仲介料がかかり、設置費用が割高になったり、希望がスムーズに伝わらないことも…。

オススメはアンテナの知識も工事経験も豊富なアンテナ専門業者!

私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、2時間ほどで全ての作業が完了いたします! (※お家の状況や作業内容によって時間が前後する可能性があります。)

お急ぎのお客様はぜひ、私たちみんなのアンテナ工事屋さんにおまかせください!

光回線でテレビを見るとき

光回線でテレビを見るときの工事の一例がこちらです。

1対応エリアの確認

2Webや電話での申し込み

3申し込み内容の確認

4契約書類が届く

5インターネット開通工事開始

6テレビ接続工事開始

7工事完了

 

工事をお願いする回線によっても工事完了までの流れは異なります。
詳しくはご希望のサービスの公式HPを確認してみてくださいね!

参考:フレッツNTT西日本公式ホームページ

ケーブルテレビを見るとき

ケーブルテレビの工事の流れの一例を紹介します!

1対応エリアの確認

2Webや電話での申し込み

3申し込み内容の確認

4工事内容の説明、工事日程の調整

5テーブルテレビ導入工事開始

6工事完了

 

ケーブル会社によって工事完了の流れは異なります。
より詳しい流れを知りたい方は、ご希望のケーブル会社に問い合わせてみましょう。

参考:J:COM利用開始までの流れを知りたい−J:COM

まとめ

この記事では、アンテナ・光回線・ケーブルテレビのメリットやデメリットを紹介してきました。

最後に、どの方法がオススメかを簡単にまとめます!

  • 新築なら長く安く使えるアンテナがオススメ!
  • 高速インターネットも電話もまとめて契約したいなら光回線
  • 有料、専門チャンネルがたくさんみたいならケーブルテレビ

この記事を読んでいるあなたのようにこれから新築に住む!という方には、寿命が長くコストパフォーマンスもいいテレビアンテナがオススメ

「せっかくの新築に引っ越したのにテレビが見れない!」という悲しい事態を避けるためにも、早めに業者に連絡をし引越し前までに工事を完了させましょう。

もちろん私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、お引越し後の工事も大歓迎ですよ!

アンテナを設置したいあなたのもとに、最短30分でかけつけます。

「景観が気になるからデザインアンテナがいいんだけど…」
「引っ越しまで時間がないから早く来てほしい」

という方は、まずはお電話やメールでご要望をお聞かせください!

無料の電話相談はこちらから
0120-769-164

無料のメールフォームはこちらから

お問い合わせフォーム

この記事を読んだあなたが、自分にあった納得できる方法を選び、ピカピカの新築でテレビを楽しめるように願っています。

それでは!

アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さんについて
当サイトについて
アンテナのお悩み対策
よくある質問
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの5,000円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る