【最安値】新築戸建てでテレビが見たい!アンテナ設置、ケーブルテレビ、光回線のうち1番安いのは?

アンテナのお悩み対策
2021.04.27 更新
新築を楽しみにする女性

「いよいよ新築に引っ越し!だけど…テレビを見る方法を何も考えてなかった…」
「新築のテレビって、コンセントにつなげば映るものじゃないの?」
「引越し先のテレビが点かない!今すぐテレビが映るようにしてほしい!」

新築戸建ては、マンションと違ってテレビ環境が用意されていません
そのため、背面にあるケーブルをコンセントにつないだだけだと、テレビの電源は点いても各チャンネルが映らないのです。

私たちの元にも、新築に引っ越してからあわててテレビアンテナの工事を依頼されるお客さまから、たくさんのお問い合わせが届きます。

新築に引っ越すとなると、いろいろな手続きや準備でかなり忙しいですよね。
アンテナ工事を依頼する業者選びに時間をかけられず、 「ハウスメーカーに言われた通りにお金を払ったけれど、こんなに高いの? なんだか損をした気がする…」 という後悔を残してしまうこともあるんです。

せっかくの新居ですから、どんな方法でテレビを見るかコストや内容に納得してから決めたいですよね!

そこでこの記事では、「新築に引っ越すけど、どんな方法でテレビを見たらいいんだろう?」と悩むあなたのために、プロのアンテナ工事業者スタッフが、実際のコスト比較をもとにオススメの方法を紹介したいと思います。

  • 新築でテレビを見るオススメの方法
  • 3つの方法のメリット・デメリット・向いている人
  • 新築にアンテナを設置する流れ

この記事が、新しい環境で好きなテレビを見るあなたのお役にたてたら嬉しいです!
それではまいりましょう。

※とにかく早くテレビアンテナを設置したい!という方は当社のトップページをご覧ください。 新築で人気のオシャレなアンテナを多数取り揃えております。

あなたのおうちに最適なアンテナが分かる。まずは無料の電波測定調査から
しっかり電波を測定して最適なアンテナのご提案、お客様のご要望をお聞きしてお見積するから安心、測定後すぐアンテナを設置することも可能
トップページでサービス詳細を見る

アンテナ・ケーブルテレビ・光回線…オススメの視聴方法はどれ?

テレビの視聴方法3つ

新築でテレビを見る方法は次の3つです。

  • テレビアンテナ
  • ケーブルテレビ
  • 光回線

テレビアンテナ・光回線・ケーブルテレビそれぞれの実際にかかるコストを計算してみました!

【実際のコスト比較】2年間でもっともおトクな視聴方法はアンテナ・光回線・ケーブルテレビのうちどれ?

アンテナ、ケーブルテレビ、光回線の費用比較

もっとも安いテレビの視聴方法は「アンテナ設置」です。

もちろんテレビアンテナを設置すると、初期費用としてアンテナの工事費用がかかります。
しかし月々のランニングコストがかからないため、長く設置すれば初期費用を回収できます。

光回線でテレビを見るには、オプションで「フレッツ・テレビ」もしくは「ひかりTV」を追加契約する必要があり、下の表は月額費用が安い「フレッツ・テレビ」に準拠したものです。

テレビアンテナ ケーブルテレビ
(J:COMスマートお得セレクト)
光回線
(フレッツ・テレビ+光回線ライト)
初期費用 16,500円〜 3,300円 27,060円
月額費用 0円 4,641円 4,444円
2年間の総額 16,500円〜 152,448円 133,716円

※ケーブルテレビと光回線は、テレビ+インターネットの総額です。

「テレビも見たいけれど、ネットも使いたい」という方は、アンテナ設置+光回線契約(ネットのみ)がもっとも安上がりです。
たとえば「テレビとネットの両方をケーブルテレビにした場合」と、「テレビ視聴をアンテナにして、ネットのみ光回線を契約した場合」を比較すると、後者のほうが格段に安く済みます。
差額を見てみると、2年間で約5万円の節約になるんですよね。

テレビアンテナ、ケーブルテレビ、光回線のコスト比較

とはいえ、どんな視聴方法があっているかはお客さまの状況によって変わります。
たとえば、このような考えをお持ちの方はいませんか?

  • 専門チャンネルや有料番組が見たい
  • 住んでいる地域の電波状況が悪い
  • インターネット回線や電話回線とテレビの料金をセットにしたい

せっかく引っ越した新築だからこそ、ぜひとも納得して視聴方法を選んでほしい…!
日々皆さんのアンテナを工事している私はそんな風に思っております。

そこで、ご自分に合った方法を選んでいただくために、アンテナ・光回線・ケーブルテレビ3つそれぞれの特徴していきます!

テレビアンテナ・ケーブルテレビ・光回線の特徴は?一覧表で比較してみよう

まずはこちらの表をご覧ください。

テレビアンテナ ケーブルテレビ 光回線
写真
八木式アンテナ
ケーブルテレビ
光回線のルーター
コスト 安い
初期費用のみ
※修理・点検費用がかかることがあります。
高い
初期費用+月額費用
※テレビの台数分の月額費用がかかることもあります。
高い
初期費用+月額費用
※テレビの台数分の月額費用がかかることもあります。
チャンネル数 NHK+民放(+BSCS) 専門チャンネルが豊富 専門チャンネルあり
プラン選び 自由 複雑 複雑
大規模災害時 復旧が早い 復旧が遅い 復旧が遅い
工事スピード 速い 予約が取りづらい 予約が取りづらい
向いている人 長期間にわたってテレビを見たい
・引越し後、すぐにテレビを見たい
・テレビと電話をまとめて契約したい
専門チャンネルを視聴したい
・ネットや電話もまとめて契約したい
高速のネット回線を使いたい
災害時にもテレビアンテナが活躍するって本当?

少し補足すると、「大規模災害時の復旧の速さ」とは、電気や水道が止まるような災害を指します。
たとえば震災のような非常事態のあとは、インフラが回復するにも順番があるんです。

【復旧が早い】 電気>>>>水道>ガス 【復旧が遅い】

テレビアンテナは電気さえあれば電波を受信できるので、ケーブルテレビや光回線よりも早くニュース番組を確認できるんです。
今後のインフラが心配な方は、テレビアンテナの設置をオススメします。

いかがでしょうか?
もしもテレビアンテナの設置をお考えの方は、みんなのアンテナ工事屋さんにおまかせください!

「明日引っ越し当日なんだけど……」
「引っ越した後でテレビがないことに気付いた!今すぐ工事してほしい!」

このようなお悩みも大歓迎です。

お客さまがいつでも好きなときにテレビを視聴できるよう、新居にピッタリのアンテナを工事させていただきます! まずは下の無料相談窓口から、お気軽にご相談くださいね。

▼お電話でのお問い合わせはこちら

📞: 0120-769-164
(7:00〜22:00対応)

▼メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ窓口
(翌営業日以内にお返事します)

3つの視聴方法それぞれのメリット・デメリットを解説!あなたにピッタリの方法はどれ?

「それぞれの特徴はわかったけど……具体的にどの方法でテレビを見るか迷うなあ」
そんな方のために、ひと目でわかるオススメ方法確認方法を用意しました!
下の画像をご覧ください。

テレビアンテナ、ケーブルテレビ、光回線がオススメな人

ここからは「もっと詳しくそれぞれの特徴を知ってからピッタリの方法を選びたい!」という方に向けて、テレビアンテナ・ケーブルテレビ・光回線それぞれのメリット・デメリットを解説します。
まずは「テレビアンテナで視聴するメリット・デメリット」から見ていきましょう。

(1)テレビアンテナで視聴するメリット・デメリット

屋根上のアンテナ
【テレビアンテナの特徴】

新築のアンテナ設置工事では、基本的に地デジアンテナを家の屋根上や室内に設置し、最寄りの電波塔から電波を拾います。
これにプラスしてBSCS放送も見たい場合は、専用のパラボラアンテナを設置し、衛星からの電波を拾います。
アンテナから延ばしたケーブルが各部屋のテレビに届き、映像が映る仕組みですね。

【テレビアンテナのメリット】
アンテナ設置のメリット4つ
  • トータルコストが最も安い
  • 依頼〜工事完了までの時間が短い
  • プラン変更などの余計な手間がない
  • 自分の好きな電話・インターネット回線と個別に契約できる
【テレビアンテナのデメリット】
アンテナ設置のデメリット5つ
  • 工事の際、初期費用がかかる
  • 地域によっては映りが安定しないことがある
  • 屋外設置の場合、台風など雨風の影響を受けることがある
  • 建物の景観を損ねることがある
【テレビアンテナはこんな人にオススメ!】
  • コストを抑えたい
  • 早く工事してほしい
  • 長期間にわたってテレビを視聴したい
  • 地デジの民放番組が視聴できればOK!
  • 複数の料金プランを比較・検討するのが面倒
  • いろいろな部屋でテレビを見たい(テレビの設置台数が多い)

「テレビアンテナを設置しようかな」という方のために、アンテナ工事の流れをこの後のトピックで紹介します!
今すぐ読みたい方はコチラ(この記事の下へスクロールします)

(2)ケーブルテレビで視聴するメリット・デメリット

たくさんのチャンネルが表示されたテレビ
【ケーブルテレビの特徴】

ケーブルテレビは、最寄りのケーブルテレビ局から有線で電波を引き、各家庭のテレビにつなぐことで映像を映す仕組みです。
テレビアンテナを設置しなくてもキレイな映像が楽しめるので、電波の弱い地域で重宝されています。

テレビアンテナで地デジとBS・CS放送を見る場合、それぞれに対応するアンテナを個別に用意する必要がありますが、ケーブルテレビの場合は、最初に契約してしまえば手間をかけずに好きな番組を視聴できます。
テレビだけでなく電話とインターネットと合わせて契約することも可能ですが、個別の解約が難しくなったり、かえってコストが割高になることがあるので注意してください。

【ケーブルテレビのメリット】
ケーブルテレビのメリット3つ
  • 専門チャンネルの数が豊富
  • 電波の弱い地域で大活躍
  • テレビ映りが安定している
  • テレビと固定電話をまとめて契約できる
【ケーブルテレビのデメリット】
ケーブルテレビのデメリット4つ
  • トータルコストが高い
  • インターネット回線が遅いケースが多い
  • 他社のプラン・サービスへの乗りかえが難しい
  • 契約プランの選択が難しい
【ケーブルテレビはこんな人にオススメ!】
  • 専門チャンネルを視聴したい
  • 電波の弱い地域に住んでいる
  • テレビと固定電話の料金をまとめて支払いたい

「ケーブルテレビに加入しようかな」という方のために、ケーブルテレビの工事の流れをこの後のトピックで紹介します! ▶今すぐ読みたい方はコチラ(この記事の下へスクロールします)

(3)光回線で視聴するメリット・デメリット

光回線
【光回線の特徴】

光回線でテレビを視聴する場合、フレッツ光や任意の光コラボと契約したうえで、付属のテレビサービス「フレッツ・テレビ」もしくは「ひかりTV」をオプションで契約する方法です。

テレビサービスの番組数が多いだけでなく、高速インターネットを使用できるので、年々利用者が増えています。
基本的にはインターネットを契約した人がテレビオプションを付けることが多いです。

ただし光コラボやプランの選択が複雑なので、割引額や契約料金をよく確認してから契約するようにしましょう。

【光回線のメリット】
光回線で見るメリット3つ
  • テレビだけでなく、高速インターネットを使用できる
  • テレビとインターネットをセットで契約できる
  • 有料チャンネルの数が豊富
【光回線のデメリット】
光回線のデメリット5つ
  • トータルコストが高い
  • 契約プランの選択が難しい
  • 他社のプラン・サービスへの乗り換えが難しい
  • 対応エリア外になることがある
  • 申し込み〜工事完了までに時間がかかることがある
【光回線はこんな人にオススメ!】
  • インターネットの速度を上げたい
  • ネットとテレビをセットで契約したい
  • 有料放送にあまり興味がない、特定の有料チャンネルだけが見たい
  • 携帯料金がお得になるチャンスを見逃したくない

「光回線でテレビを見ようかな」という方のために、光回線の工事の流れをこの後のトピックで紹介します! ▶今すぐ読みたい方はコチラ(この記事の下へスクロールします)

方法は決まった!新築のアンテナ設置はいつ、どこにお願いするがベスト?

パソコンを見て悩む男性

ここまでで、アンテナ・光回線・ケーブルテレビの3つの方法を詳しく比較してきました。

「方法は決まったけど…。 いつ、どこに、新築のアンテナ設置をお願いすればいいかわからない!」
こんな風に悩んでしまう方も多いと思います。

納得できる方法には出会えたら、次に考えのは実際に依頼するときのこと。
というわけで、この見出しでは次の3つのポイントを順番に紹介していきます!

  1. 新築のアンテナ設置を始めるタイミング
  2. 新築のアンテナ設置を業者に依頼する
  3. 新築のアンテナ設置工事の流れ

1. 新築のアンテナ設置、ベストタイミングは引越し前!

入居前の新築物件

さあ、それでは新築でテレビを見るための準備を始めましょう。

工事を始めるベストタイミングは、家の引き渡しから引越しまでの間です!
その理由は4つあります。

  • 建売・分譲住宅の場合、引き渡し前までは自分のものではない
  • 注文住宅であっても、建築中は足場があったりで現場の調査が難しい
  • 光回線の場合、電気が開通してからでないと工事が行えない
  • 引越し後の荷物が片付いていない状態で工事を行うと、作業にも支障がでる
引っ越し直前はテレビのことが後回しになりがち

引っ越し直前になると、引っ越しの準備や諸々の手続きで忙しくなります。
そうなると、ついついテレビのことが後回しになってしまいがちですよね。

でも、よく考えてみてください。
引っ越し作業を終えたあと、新しい部屋で好きなテレビ番組を視聴できたらとても嬉しいはず。

そのためにも、引っ越しの1〜2週間前には工事業者に予約をして、引越し日当日もしくは翌日にテレビを見たいとを伝えましょう!

もっと早くアンテナ工事を済ませるには

「新築の家を建設中で、できるだけ早くアンテナ工事を済ませたい!」 という方は、最低限建物の上棟後、電気工事が終わっていれば工事に入ることができます。

ただし戸建ての場合、物件の引き渡し前の工事は許可されないことがありますので、必ず施工会社に許可をもらってからアンテナ工事を行ってくださいね。
とくに繁忙期には、 希望通りの日程で予約をとれないこともあるので要注意です!

続いては、新築のアンテナ設置を業者にお願いするときのポイントを説明します。

2. 新型コロナウイルス感染予防を行っている業者に新築のアンテナ設置を依頼しよう

マスクをつけて窓を眺める女性

時期がわかったところで、さっそく工事業者に新築のアンテナ設置をお願いしましょう。

ここで、いまだからこそ気をつけてほしい依頼時のポイントを1つお伝えします。

昨今の工事依頼では、先ほどお伝えした3つの視聴方法や費用・スピードだけでなく、あなたの健康に配慮してくれるかどうかも大事なポイントなんですよね。

どういうことかというと、世間を騒がせている新型コロナウイルスの感染予防に積極的に取り組んでいるところに依頼したほうがいいです。

「早く新築の工事をお願いしたいけど……いま業者を家に呼んでも大丈夫なのかな?」と心配している方も多いですよね。

みんなのアンテナ工事屋さんの新型コロナウイルス対策

大丈夫です、ご安心ください!

私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、毎日の体温測定・手洗い・うがいを徹底した熟練スタッフがお伺いし、速やかにアンテナを設置・修理いたします。

アンテナ工事の場合、屋根上や外壁などの屋外にアンテナを設置することになりますよね。

そのために電波調査や工事が必要になるわけですが、私たちの施工では、電波調査中は作業員は外にいて、お客様は自宅の中でお待ちいただく形になります。
ベランダの窓なども閉めてから調査をおこないますので、「3密」の状態になることはありません!

新型コロナウイルス対策予防

衛生・健康に配慮しながら新築のテレビ環境を整えたい方は、ぜひ私たちみんなのアンテナ工事屋さんにお気軽にご相談くださいね。

続いては、新築のアンテナ設置を依頼したあと、どのような流れで工事が進むのか、見てみましょう。

3. 【視聴方法別】新築のアンテナ設置完了までの流れ

テレビアンテナを設置する男性作業員

最後は、業者に新築のアンテナ設置をお願いするときの流れを、「テレビの視聴方法別に」紹介します!

  1. アンテナでテレビを見るとき
  2. ケーブルテレビで見るとき
  3. 光回線でテレビを見るとき

(1)アンテナでテレビを見るとき

アンテナ工事の流れ

アンテナを設置してテレビを見るときの流れは次のとおりです。

  1. 電話・メールでのお問い合わせ
  2. 現地調査・見積もりの作成
  3. 契約内容を確認したのち、工事開始
  4. 工事完了
アンテナ設置を依頼できるお店
アンテナ工事を依頼できるお店5つ

実はアンテナ設置を依頼できる場所は色々あります。
たとえばこちらです。

  • アンテナ工事専門の業者
  • ハウスメーカー
  • 家電量販店
  • 町の電器屋さん
  • ホームセンター
ハウスメーカーに頼むと高くつく?

注文住宅の場合、配線を事前に考えておけば、壁内配線などもできて見た目がスッキリするため、ハウスメーカーに相談するのも手です。

ただし、ハウスメーカーや大手の家電量販店に頼んだとしても、実際に工事をするのは下請けのアンテナ工事業者だったりするんですよね。
間に企業を挟む分、人件費や仲介手数料がかかります。

このような理由で、アンテナ設置にかかる費用が割高になったり、連絡したことが担当職員に伝わらない、などのトラブル も起こりうるんです…。

オススメはアンテナ工事の専門業者!
ネットのアンテナ工事専門業者

なので、できれば最初からアンテナ工事の専門業者に依頼することをオススメします!
アンテナの知識や工事経験が豊富で、トラブルが少ないですし、お客さんと業者の間に余計なお店が挟まらない分、工事料金が安く済みますよ。

私たちみんなのアンテナ工事屋さんは、取り扱うアンテナの種類・カラーバリエーションが豊富です。

新築で人気のデザインアンテナ、外壁のお色に合った黒色やベージュのアンテナも多数取り揃えておりますので、お気軽にご相談くださいね!

テレビアンテナ設置でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。
トップページでサービス詳細を見る
↓電話・メールで今すぐ相談したい方はこちらから↓

(2)ケーブルテレビで見るとき

ケーブルテレビ

続いて、ケーブルテレビの工事についてもご紹介します!
工事の流れはこんな感じ。

  1. 対応エリアの確認
  2. Webや電話での申し込み
  3. 申し込み内容の確認
  4. 工事内容の説明、工事日程の調整
  5. テーブルテレビ導入工事開始
  6. 工事完了

ケーブルテレビ会社はどこを選んでもよいわけではなく、あなたが住んでいる地域によって、加入できる会社が違います。
なので、あなたが選ぶケーブルテレビ会社によって、工事完了の流れも変わってくるんですよね。
より詳しい流れを知りたい方は、住んでいる地域のケーブルテレビ会社に問い合わせて、確認してみてください!

参考:J:COM利用開始までの流れを知りたい−J:COM

(3)光回線でテレビを見るとき

光回線のルーター

最後に、光回線でテレビを見るときの工事について紹介します。
工事の流れの一例は、こんな感じです。

  1. 対応エリアの確認
  2. Webや電話での申し込み
  3. 申し込み内容の確認
  4. 契約書類が届く
  5. インターネット開通工事開始
  6. テレビ接続工事開始
  7. 工事完了

光回線会社はとにかく数が多く、工事をお願いする会社やプランによって、工事完了までの流れが変わってきます。
くわしくは、ご希望のサービスの公式HPを確認してみてください!

参考:フレッツNTT西日本公式ホームページ

また、アンテナ工事との決定的な違いは、あなたが住んでいる地域や、携帯電話のキャリアによって、おトクな割引キャンペーンを選択できる点です。

おトクな光回線のプランについては、下の記事でくわしくまとめています!
【コスパ最強】アンテナなしでテレビを見る方法を教えて!(該当トピックまでスクロールします)

光回線でテレビを見たい方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

まとめ

この記事では、アンテナ・光回線・ケーブルテレビのメリットやデメリットを紹介してきました。
最後に、どの方法がオススメかをカンタンにまとめます!

  • 新築なら長く安く使えるアンテナがオススメ!
  • 高速インターネットも電話もまとめて契約したいなら光回線
  • 有料、専門チャンネルがたくさんみたいならケーブルテレビ

この記事を読んでいるあなたのようにこれから新築に住む!という方には、寿命が長くコストパフォーマンスもいいテレビアンテナがオススメ

「せっかくの新築に引っ越したのにテレビが視聴できない!」という悲しい事態を避けるためにも、早めに業者に連絡をし、できれば引越し前までに工事を完了させましょう。

もちろん私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、お引越し後の工事も大歓迎です!
新築のアンテナ工事を依頼してくださったお客さまから、喜びの声が続々と寄せられています。

お客さまの声
お客さまの声

「景観が気になるから、デザインアンテナを設置したいんだけど…」
「引っ越しまで時間がないから、早く工事をしてほしい!」

このような方は、まずはお電話やメールでご要望をお聞かせください!
好きなときにテレビを視聴できるよう、アンテナを工事させていただきます。

▼無料の電話相談はこちらから
📞: 0120-769-164

▼無料のメールフォームはこちらから
お問い合わせフォーム

この記事を読んだあなたが、自分にあった納得できる方法を選び、ピカピカの新築でテレビを楽しめるように願っています。
それでは!

アンテナのお悩み対策
よくある質問一覧
みんなのアンテナ工事屋さん
について
スピード対応、
低価格のアンテナ工事
アンテナ工事、工事費込みの16,500円〜
最短30分で駆けつけます。
詳しく見る